検索結果


一次創作

Happy X'mas

17/12/25 00:06

同じ日、同じ時を、共に過ごせる。ただ、それが幸せ。

BL 全体公開

イブの夜に会おう

17/12/08 19:20

イブの夜に現れたのは、サンタクロースではなく怪我をした少年だった。

全体公開

魔法世界の名探偵

投稿中の小説「魔法世界の名探偵」の表紙です。
ミルクティーみたいな色の長い髪、そしてキャラメル色のベレー帽。

魔法と科学が交錯する世界で----
さぁ、仕事の時間よ!

17/12/07 15:31

全体公開

悪魔の館と本の虫

17/11/26 13:32

悪魔の館を間借りして図書館を運営する魔女と、その館の大家の会話。

全体公開

マガカフェ小話。付き合う前~付き合ったあとまで色々。

男女CP 全体公開

生まれて初めてした事は【母親を焼き殺した事】!
そんな生まれながらの大罪人、
"ヒノ・カグツチ"の魔法学園ストーリーが
今、始動する!

BL GL 男女CP 全体公開

えんぴつ

17/10/25 02:46

今日、えんぴつを買いました。

全体公開

月読命の娘で夕焼けと朝焼けを司る比売(ひめ)と、それを護る下心丸出しな狼のほのぼのとしたお話。 そのうち、月読命や天照様、冥府のあいつも出てくるかもしれない。比売の恋の相手は四本足の獣です。

全体公開

いたずら

17/10/21 07:10

かまってちゃんな彼女とその彼女の扱い方をよく分かっている彼氏のお話。

男女CP 全体公開

※9章以前は上巻を御覧下さい。

Convalescent。エスペラント語で「恢復期」。


苦痛そのものより、苦痛の記憶を取りもどして行く過程の方が、はるかに重く苦しいことを知る人は意外にすくない。
(『強制された日常から』石原吉郎)

真言密教における「天界」での記憶を全て無くし、人間として生活していたガチブス女主人公。大好きな曲がプログラムに並ぶピアノコンサートへ足を運んだところ、そこには驚きの演奏と共に自分の臣下、かつ伴侶であると主張する端正な美貌のピアニストが待ち受けていて……。

一応BLタグ付けてますが、BL成分はほぼ無いです(幽☆遊☆白書の仙水編程度の表現)。
少しでもそれを匂わせる描写が嫌な人以外はご安心下さい。

BL 男女CP 全体公開

日常×百合

いつも寝ているまこ様が大大大好きなこふう
まこへの愛が止まらない!
無気力人間とヤンデレっ娘の日常百合

GL 全体公開

「バニブロ、バニブロ、なんでいなくなってしまったんだ。バニブロ」

その一言から始まる物語。寂しいような、悲しいような、涙を拭いながら紡ぐお話は、ただただ彼女を忘れたくないが為の、世界へのささやかな抵抗。
いつかまた彼女に出会えることを信じて、伝説は語られる――

全体公開

この鳥はきっと雀なんだろう。けれど雀だとは信じたくない。それでも懐かれてしまったのだから、無下には出来ない……。

一人の少年がスズメに似た鳥と旅をするかもしれない、そんな話。


【このTwitterアカウントでキャラベル登録したので折角だから投稿しておこう的なお話】

全体公開

Trap Magic本編で描かれていないところでウェルーア達がはしゃいだり
本編とは一切関係ないパラレルではしゃいだりしてる落書き話です。
番外中で話が繋がってる場合は①とか②とか書くと思います。

大体台詞のみなので風景などの想像はご自由に

全体公開

主人公の神田愛美(かんだ まなみ)は、今から五年前に突然姉の死を告げられる。姉の死に疑問を抱いた彼女は、真相を突き止めるべく、絶海の孤島にある「流神学園」へと転校する。
そこで彼女を待ち受けているものとは

全体公開

飛鳥×祥子。(閻魔の孫×その孫の前世の恋人の生まれ変わり) 時は冬。雪がちらつく季節。

男女CP 全体公開

※10章以降は下巻を御覧下さい。

Convalescent。エスペラント語で「恢復期」。


苦痛そのものより、苦痛の記憶を取りもどして行く過程の方が、はるかに重く苦しいことを知る人は意外にすくない。
(『強制された日常から』石原吉郎)

真言密教における「天界」での記憶を全て無くし、人間として生活していたガチブス女主人公。大好きな曲がプログラムに並ぶピアノコンサートへ足を運んだところ、そこには驚きの演奏と共に自分の臣下、かつ伴侶であると主張する端正な美貌のピアニストが待ち受けていて……。

一応BLタグ付けてますが、BL成分はほぼ無いです(幽☆遊☆白書の仙水編程度の表現)。
少しでもそれを匂わせる描写が嫌な人以外はご安心下さい。

BL 男女CP 全体公開

営業のリーダーである白井椋太は、アサインされた新規プロジェクトにて、印象的なプログラマ・澤村朔と仕事をすることになる。
澤村は年下のくせに、椋太を物ともせずになにかと絡んできて――

■白井 椋太(しらい りょうた)
28歳の営業マン。
見た目通りの軽いノリながらのトークが得意で、営業成績も良い。
チャラいと思われがちだが意外と熱血かつインドア派。

■澤村 朔(さわむら さく)
25歳のプログラマ。
黙々と仕事をこなす真面目な職人タイプで、技術力も高い。
口数が少なく厳しいことも言うため、人によっては怖いと思われる。

BL 全体公開

「――絶望の果てに夢見た世界は、少女に何を思わせる?」 

//魔王を倒せばハッピーエンドの異世界トリップ冒険ファンタジーです(嘘は言っていない)

※何年も前に書いた小説の転載です。連載は無期限休止中。

全体公開

とある春の日、美術室。高校2年生に進級したばかりの滝沢静は、音楽の趣味をきっかけに同級生の瀬田千尋に突然声を掛けられる。
徐々に近づいていく二人の距離。淡い気持ちの行方は――?

■滝沢 静 (たきさわ しずか)
高校2年生。美術部所属。
内省的な性格で、いつも一人で黙々と絵を描いている。
三白眼気味で、目つきがあまりよくないことをそれなりに気にしている。

■瀬田 千尋(せだ ちひろ)
高校2年生。軽音学部所属。
持ち前の明るさと天真爛漫な性格で、老若男女問わず人を惹きつける。
暇さえあればギターを触り、よく笑い、よく食べ、よく眠る。

BL 全体公開