検索結果


刀剣乱舞

さだふど!!!ヾ(*'ω'*三*'ω'*)ノ゙<薬研視点だよ!
素敵な表紙はハチ様( @ayhcmnk )からお借りしました。ありがとうマジで借りたよ。

BL 全体公開

修行から帰ってきて、山姥切のなくなった布のことばっかり考える鶴丸が、もしかして自分は山姥切じゃなくて布が好きだったのかもと情緒不安定になるラブコメ。

BL 全体公開

帝国劇場には皇居につながる秘密の地下通路があって、天皇様お忍び用のリザーブ席が存在するという都市伝説が存在するそうで。

全体公開

一年以上も前に書いた文章です。元々は和泉のバグでなく、別垢相互さんのバグでした。
内容は文章そのまま「歌仙兼定しかドロップしない」「(当時の大阪城は)地下50階までのハズなのに何故か地下100階まで降りた」でした。

全体公開

戦況見聞

18/06/11 00:42

糖度やや低め。
記憶は全然もどってないが強メンタルで押す一期×記憶がないとかまじおこだが口説かれるのは楽しい三日月。
雨の日お庭デートするふたりと、それを周囲から見た刀たち。
ワンライお題「雨」で書きました。書き足しはあまりありません。

全体公開

状況開始

18/06/11 00:35

「宣戦布告」の続きですが、単体でも読めます。
糖度低め(前回よりまし)。
記憶はないがじわじわ落とし中の一期一振×記憶がないとかマジおこだがやる気があるならまあ見せてみろな三日月宗近
ワンライで書いてない部分です。三日月本体を視姦する一期一振を書きたかったんですが、若干座礁してます。

BL 全体公開

宣戦布告

18/06/11 00:33

糖度低。
記憶に違和感がある一期×記憶がないとかまじ許しがたいし手助けもしない三日月

ワンライで書いた「記憶」です。ちょっと加筆修正しました。
順調にこじらせた結果、一期くん、三日月さま、共にかなり癖あります。

BL 全体公開

藤の君

18/06/05 19:25

へしさにです。
拙い文章で申し訳ないです。

全体公開

ふらふら出歩く刀剣のお話。
今回は山伏です。今は個人蔵ですが、いつか本物が見られたらいいなぁなどと思いつつ、彼はマイペースに修行してる気がします。

全体公開

福良雀

18/05/28 21:09

近侍をやりたくない同田貫正国くんと近侍をしてほしいおばあちゃん審神者の話。
ちょっとだけ近侍の陸奥守吉行くんも出ます。
他SNSに投稿したものと同じ内容です。

全体公開

熾火

18/05/28 21:08

重傷で帰還した部隊長燭台切光忠とおばあちゃん審神者の話。
他SNSに投稿したものと同じ内容です。

全体公開

春昼

18/05/28 21:08

おばあちゃん審神者と近侍担当燭台切光忠の話。
審神者のお仕事について捏造で埋めた部分がちょっとだけあります。
他SNSに投稿したものと同じ内容です。

全体公開

行燈

18/05/28 21:08

主の前で情緒不安定な近侍へし切長谷部と心配性のおばあちゃん審神者の話。
審神者業務について独自解釈気味なセリフがちょっとだけあります。
他SNSに投稿したものと同じ内容です。

全体公開

卯の花腐し

18/05/28 21:08

昔の主君の話ばかりするへし切長谷部とそれはどうなのと思ってる近侍燭台切光忠の話。
おばあちゃん審神者のできごとですが主は登場しません。
他SNSに投稿したものと同じ内容です。

全体公開

寒凪

18/05/28 21:08

おばあちゃん審神者と初期刀の陸奥守吉行くんと新しく来たばかりの大倶利伽羅くんの話。
他SNSに投稿したものと同じ内容です。

全体公開

雪中花

18/05/28 21:08

おばあちゃん審神者と、新しい主の扱いに困るへし切長谷部の話。
他SNSに投稿したものと同じ内容です。

全体公開

初景色

18/05/28 21:07

おばあちゃん審神者が初期刀と出会う話。
他SNSに投稿したものと同じ内容です。

全体公開

ある墓守の記憶

18/05/28 21:06

刀剣男士たちが未来で審神者のお墓参りに来て管理人さんとなかよくなる話。審神者の描写はありません。

登場する刀剣男士:
鶴丸国永・太鼓鐘貞宗・燭台切光忠・大倶利伽羅
ソハヤノツルキ・物吉貞宗・包丁藤四郎・蜻蛉切
堀川国広・山伏国広・山姥切国広
三日月宗近

他SNSに投稿したものと同じ内容です。

全体公開

【刀剣乱舞/たぬ歌】
寒がり歌仙さんがある朝うっかり同田貫の布団に侵入していた話。
じわじわもだもだ少女漫画。
歌仙さんは可愛いし、歌仙さんが可愛いと無意識に思ってるたぬも可愛い。

たぬ歌は冬のカプ。
別所で公開したものの再掲です。

BL 全体公開

【刀剣乱舞/本科と写し】
創作山姥切長義の話。
写しの誕生を見届け、小田原で別れ、遠い未来に再会するまで。

男士たちは刀の時代にも互いに感情を持っていたらしいことが窺えるので、刀工一の傑作として生まれてきた自分の写しを見たらきっと心動いたに違いないと思った。
別所で公開したものの再掲です。

全体公開