検索結果


ファンタジー

とある森の奥深くにある綺麗な川の近くに小さな木の小屋があり種族や人何でも受け入れちゃう
ファンタジー要素ありのオリキャラでとある堕天使とフェンリルと人間中心の過去の物語です。
(過去篇はグロ系がちょい多め)
三人の原点の後半です。ここからはリアルタイムですし飛ばしません。

全体公開

ヌアンティ…それは、世界の創造主
この世の……神
ヌアンティは世界(ヘイムル)に
三種類の人間を産み落とした…

一つは純白の翼を持つ、慈悲深き者…天使
一つは深淵の翼を持つ、欺きし者…悪魔
一つは様々な力を、神に授かりし者…ヒト

天使は天より高い…天界(エルミナ)へ
悪魔は大地よりも深い…魔界(ヴェルディア)へ
ヒトは天界からも魔界からも遠い…地上(ルフィニア)へ

こうして今の世界が成り立っている…

 テイトを自分に似たディザルから助ける為、旅を続けるヴァリニ達。
仲間も増え経験を得てヴァリニも成長を遂げる。旅の途中である村に立ち寄る。
旅人を快く迎え入れてくれる親しみやすい村だった…が、しかし……?



Fable Verse Nuanthyは蒼焔の1次創作ファンタジー物です。

でも小説ではなく、漫画を描く前提のプロットですのでキャラの台詞メインで表現力が乏しかったりメモ状態となっておりますので分からない事があれば本人に質問などお願いします(ぺこり

進行は亀並になると思いますがじわじわ更新できたらいいなぁ・・・(白目

青():思ってる事 ()なしは小声
橙:効果音
赤〔〕:レーヴェンの語り
蒼《》:・・・具現化していない者の声、それと対話する主の声
紫【】:古の言語
緑『』:回想


―時刻:大陸名:現在のいる場所:その詳細―場所を一先ず書いてます。

人物:言葉[動作などメモを書いてます]

全体公開

古いお城に住まうのは、魔女によって野獣に変身させられてしまった元魔王と、魔王様が魔法をかけて動くようになったがらくたの召し使いたち。みんなでゆるゆると暮らしていたら、城の麓から生け贄で少女が送られてきて、頭を抱える野獣さん。そんなご主人様をよそに、召し使いたちは少女を客人としてもてなし始めたのだった。

全体公開

七月の期末テストが終わった頃、星海こよいは久しぶりの天体観測を楽しみに準備を進めていたが、ふとした出来事から転校生にかけられた呪いを受け取ってしまった。
こよいは呪いを引き受けてくれる「先生」を訪ねるために古びた奇妙な電車に乗車することになる。
そこで出会ったのは親愛なる従妹とよく似た人。
それの人はとても優しくて、どこか懐かしい、温かい人。
だが、決して言葉を交わしてはいけない人だった。

全体公開

世界の覇権を取り戻すべく再興を目論むグレゴリウス帝国と、人や獣が凶暴化する奇病・メタモルフに怯える世界…
英雄シグルズは、その強さと美しさに魅せられ竜を追い、謎の少女・メリュジーヌに出会う。

*RPGのシナリオと想定して執筆した「魔導姫戦記」において、シグルズとメリュジーヌによる"召喚竜集め"は、ゲーム的なコンプリート要素になり、本編が間延びすると思い、番外編とするに至った次第です。
本編と併せて読んで頂ければ幸いと思います。

全体公開

ヨンハクエストの後編です。おまけを入れて4ページアップします。
ヒカ碁キャラが人間、人外、悪役で登場。これでヨンハクエスト打ち止めで。
くどいようですが本当にゲイなのは悪魔の緒方だけです。仲間達はおがっちから永夏を守れるのかどうか。

ヒューイット&パタリーヌを愛する人々へ愛を込めて。

BL 全体公開

人の姿を借りる『鏡人形』。
「心を貸して」と唱えるだけで、僕は誰にだって為れる。

全体公開

「黄昏時」それは、合間見えないモノたちとの出会いの時間。

桜神社の巫女である「桜咲 葉月」は、生まれつき左目の色が美しい碧色をしていた。

その瞳の力で、黄昏時にだけ合間見えない妖たちの世界へ行けることが出来る。

葉月は、何故この瞳を、手に入れられたのか。

その秘密は、彼女の悲しき過去にあった。

感動の和風ラブコメディーファンタジー。

全体公開

前に気軽に書いた永夏受RPG風味話 ヨンハクエスト・星に導かれし受難の勇者の続編になります。この話を作ったのはフォロワー様に頂いたお題をこなす為と、お盆休み中星ドラをやりすぎてファンタジー脳になったので書きました。ヨンハクエスト前後編の前編になります。
お題・背中に汗かくどや顔永夏 佐為編

ドジっ子☆永夏 VS おすまし佐為ちゃん
色男、金と力はなかりけり。それを体現するかのような棋力しかない佐為を大賢者なんて大それた物にし、何でも器用にこなしそうな永夏をドジっ子カテゴリーに嵌めてしまいました。佐為は大賢者なので中々のしたたか者であります。そしてやっぱり囲碁を入れてしまいました。

今回はヒカル達と別れた永夏達一行のその後の冒険話になります。前回の登場人物に加えて大御所を中心に何人か増えています。そしてその大半が人外生物となっています。

閲覧注意*直接的ではありませんがBL的な表現が『人生最大の危機』の中にありますのでご注意下さい。永夏の相手はもちろん佐為ではありません。本物の気があるのは緒方だけです。

BL表現が不味いのでツイッター連動サイトなので9月末まで全体公開の予定でしたが後編の公開が遅れたので、当分は全体公開とさせて頂きます。

BL 全体公開

日本政府側の交渉官兼異方担当特使=夏目さん のカドです。(アニメ3話の)初会談にも、日本政府側の交渉官として夏目さんが出て来ます。

宇宙の創造者=ザシュニナで、真道×夏目ver.と、元は同じ話なので、少し文章が被っています。

『人類の正解、何それおいしいの?』な話です。(つまりSF的雰囲気<<<萌え、の話。)


ワムの話とクリスマスを過ぎた後日の話は、+αとしてページを分けました。

(+αの話は、その最後の6行を読めば、大体分かる話です。全部読んだら長いけど。)

メタ的には、純文学を読みつつ、3か月過ごすよりも、漫画やライトノベルを読みつつ4~5か月過ごす方が、いいだろうという事で、Xmasに。
(この小説は、後書き含め全部で21356字ありますが、1ページ目だけだと、6498字です。2ページ目=13061字。)

メタ会話 その6

?「夏目さん、○○お疲れ様。」
夏目「確かに疲れたわ。でもいいものも見れたわ。」
?「それは良かったね。」
夏目「というかこっちでも真道君は、相変わらずなのね。私は、そっちの方がキツかったわ。」
?「でも君達の方が上手《うわて》だったじゃないか。」  
夏目「ええ。ただ、それは、私達の方が人数多かったからだから、危なかったわ。」  
?「まあとにかく、ゆっくり待つ楽しみを壊されなくて良かったね。」
夏目「真道君も焦る事ないのに。いくら対等でいたいからって、無茶過ぎるわよ。」
?「ってか、あんな事考えて、よく君達にもザシュニナ君にも捨てられずに済んだな、真道君も。」
夏目「結果的に未然に防がれたから、って事ね。」

真道「お前ら何時の間に品輪先生にまで…?orz」
夏目「真道君だって、本編で花森君に同じ事してるじゃないの、貴方に私達が非難される謂れは無いわ。」
真道「(ガクッ)」

全体公開

とある森の奥深くにある綺麗な川の近くに小さな木の小屋があり種族や人何でも受け入れちゃう
ファンタジー要素ありのオリキャラでとある堕天使とフェンリルと人間中心の過去の物語です。
(過去篇はグロ系がちょい多め)

全体公開

ヌアンティ…それは、世界の創造主
この世の……神
ヌアンティは世界(ヘイムル)に
三種類の人間を産み落とした…

一つは純白の翼を持つ、慈悲深き者…天使
一つは深淵の翼を持つ、欺きし者…悪魔
一つは様々な力を、神に授かりし者…ヒト

天使は天より高い…天界(エルミナ)へ
悪魔は大地よりも深い…魔界(ヴェルディア)へ
ヒトは天界からも魔界からも遠い…地上(ルフィニア)へ

こうして今の世界が成り立っている…


そんな地上のルヴェルトと言う村で暮らす少年少女達の日常にトラブルが…!
それをきっかけに村の外へ足を踏み込み成長していく王道ファンタジー

少年は世界を、仲間を、家族を救えるか―――――



Fable Verse Nuanthyは蒼焔の1次創作ファンタジー物です。

でも小説ではなく、漫画を描く前提のプロットですのでキャラの台詞メインで表現力が乏しかったりメモ状態となっておりますので分からない事があれば本人に質問などお願いします(ぺこり

進行は亀並になると思いますがじわじわ更新できたらいいなぁ・・・(白目

青():思ってる事 ()なしは小声
橙:効果音
赤〔〕:レーヴェンの語り
蒼《》:・・・具現化していない者の声、それと対話する主の声
紫【】:古の言語
緑『』:回想


―時刻:大陸名:現在のいる場所:その詳細―場所を一先ず書いてます。

人物:言葉[動作などメモを書いてます]

全体公開

未来とは運命が絡み合っていくつにも分岐するものである。これはそのうちの一つの未来。

※創作BL小説サイト『Mondnacht』にて連載中の『不死鳥の宿り木』のIF未来番外編。読む方によっては本編のイメージが壊れてしまう恐れがあります。ご注意ください。

BL 全体公開

Secreto juez

1 安い家賃

18/07/19 22:05

ある世界の物語

⚠︎初投稿 小説慣れしていません

全体公開

ひとつひとつ飾るのは、
生まれず消えた昨日の話。

きらきら、きらきら、
煌めくガラクタ。

全体公開

世界の全てを手に入れるはずだった姫は、3歳の時、全てを失った。
革命と言う名の反乱で、魔法帝国グレゴリウスの統一支配体制は崩れ去ったのである。

そして16年後…
禁忌の力と引き換えに未来を奪われた復讐者達を率い、姫は故国再興に立ち上がる。

*こちらも外典ドラゴンハンターと同様、RPG的なコンプリート要素としての"ルーシェの召喚聖獣集め"を番外編としたものです。
ただ、こちらはミシェルとぶつかる場面が多々あると思うので、本編の別視点とするかどうするか、書きながら考えたいと思います。
本編と併せて、よろしくお付き合い頂ければ幸いです。

全体公開

無題3

18/06/25 20:23

つぐみんの久々だな!に全てを注いだ

全体公開

無題2

18/06/24 17:22

説明しよう!イグネース・フェスティーとは!!
相手を鮮やかな花火と共に爆発させる
十五夜月魅の得意魔法であり
一番最初に習得した魔法である!!
ダメージは術者によって異なるが
十五夜月魅の場合は雑魚なら瞬間即死で
スピード解決したい時に使ってる事が多いぞ!
属性は火で綺麗度、火力と共に星七つだ!!

ちなみにイグネース・フェスティーとは
ラテン語で花火って意味だよ(ググッた)

全体公開

無題1

18/06/22 08:39

とりあえず発作的に考えた
科学と魔法の共存するファンタジー世界での
女子力が高く礼儀正しい、凄腕の長身な剣使い(男)と
男勝りな殺されたら死ぬ不老不死で、回復メインの少し小柄な魔法使い(女)の小ネタ

男女CP 全体公開

魔法帝国グレゴリウスによる統一支配から世界が解放されて16年…

それまで帝国が独占していた魔法の力は、多くの人々の生活を便利で快適なものにしていた。

人々は自由と平等を獲得したかに思われたが、メタモルフと呼ばれる、人や生き物が異形化・凶暴化する謎の奇病が世界に暗い影を落とす…


*本作は、筆者が高校生の時に、RPGを作りたいと思って考えたキャラクター達の物語です。
とは言え、アイデアメモ程度のものを、筆者の拙い文章力で書き起こしたので、描写が雑でわかりにくい表現もあるかと思いますが、お気付きの点など、アドバイスはお手柔らかにお願いします。
尚、頂いたアドバイスや筆者自身の思い付きで、本文が度々マイナーチェンジする事があるかと思いますが、ご了承頂き、忘れた頃に読み返して頂けたら幸いです(大筋のストーリーは変わらないと思いますが)。

全体公開