検索結果


ダイヤのA

日直のことを毎回忘れている御幸と、たまたま洗面所で出くわした倉持が話すだけ。名前変換はないですが、一応夢小説。夢主は毎回日直の仕事をしない御幸の分まで仕事をしてる。

全体公開

あなたは新聞部の部長で3年生。野球部の取材をすることになったのだが…



時系列はセンバツ後です。

全体公開

地味で偏屈な図書委員のヒロインはある時、野球部のエース・成宮鳴 と出会う

「派手な人だ…」

「地味なヤツ」

と 最初は互いに眉をひそめていたが、ひょんなことから次第に二人の距離は近づいて行く


「あのさ、俺ぜってーお前を甲子園……連れてってやっから!」


けれど少年は自らの気持ちを制御するには幼く、少女もまた自らの気持が抑え切れなくなることを恐れていた…

全体公開