検索結果


ザシュニナ

これは、『異方担当特使=夏目さん のカド Xmas』(真道×ザシュニナver.)の続きの話なので、
ワム=○○の設定は、こっちにもあります。その他、公式には無い捏造設定だらけ。

二次創作なので、捏造設定だらけでも有り、っちゃー有り、だろうなー。


大体の話は、1ページ目で分かります。
(というか、バレンタインの話としては、1ページ目だけでも成り立ってます。)

2ページ目は、ザシュニナと真道が、ひたすら喋ってます。 
話してる内容が、バレンタインには掠りもしてないので、2ページ目=+α
めちゃ字数が多いので、暇つぶし向きです。全部読むのが長いよ、という方は、最後の6行だけ読んで下さい。
(この小説は、後書き含め全部で16520字あります。1ページ目=5835字。2ページ目まで=12729字。)


メタ会話 その12

真道「ところで、どうして最初の相談相手を俺にしたんだ? まあ子供の事は必然的に俺になるけど。」
ザシュ「それは、立場の近い、相談し易そうな方に行くだろう? だからだよ。」
真道「それもそうだな。」
ザシュ「問題によっては、例えばリスクと利益のどちらを重く見るかは、立場によって違うから、都合の良さそうな方というか、より立場の近い方に持って行く、という事もあるな。君もそうだろう?」
真道「そうだが、お前、何というか…。」
ザシュ「ん? どうした?」
真道「ザシュニナ、以前よりずっと人間らしいな。」
ザシュ「そうか?」
真道「ああ。その考え方は、もうほとんど人間だよ。」
ザシュ「嬉しそうだな、真道。君は、異方存在の私より人間の私の方がいいのか?」
真道「そうじゃない。異方存在のお前も人間のお前も、どっちも大事なパートナーだ。人間らしくなって、より魅力的になった、って事だ。」

全体公開

日本政府側の交渉官兼異方担当特使=夏目さん のカドです。(アニメ3話の)初会談にも、日本政府側の交渉官として夏目さんが出て来ます。

宇宙の創造者=ザシュニナで、真道×夏目ver.と、元は同じ話なので、少し文章が被っています。

『人類の正解、何それおいしいの?』な話です。(つまりSF的雰囲気<<<萌え、の話。)


ワムの話とクリスマスを過ぎた後日の話は、+αとしてページを分けました。

(+αの話は、その最後の6行を読めば、大体分かる話です。全部読んだら長いけど。)

メタ的には、純文学を読みつつ、3か月過ごすよりも、漫画やライトノベルを読みつつ4~5か月過ごす方が、いいだろうという事で、Xmasに。
(この小説は、後書き含め全部で22322字ありますが、1ページ目だけだと、6498字です。2ページ目=13061字。)

メタ会話 その6

?「夏目さん、○○お疲れ様。」
夏目「確かに疲れたわ。でもいいものも見れたわ。」
?「それは良かったね。」
夏目「というかこっちでも真道君は、相変わらずなのね。私は、そっちの方がキツかったわ。」
?「でも君達の方が上手《うわて》だったじゃないか。」  
夏目「ええ。ただ、それは、私達の方が人数多かったからだから、危なかったわ。」  
?「まあとにかく、ゆっくり待つ楽しみを壊されなくて良かったね。」
夏目「真道君も焦る事ないのに。いくら対等でいたいからって、無茶過ぎるわよ。」
?「ってか、あんな事考えて、よく君達にもザシュニナ君にも捨てられずに済んだな、真道君も。」
夏目「結果的に未然に防がれたから、って事ね。」

真道「お前ら何時の間に品輪先生にまで…?orz」
夏目「真道君だって、本編で花森君に同じ事してるじゃないの、貴方に私達が非難される謂れは無いわ。」
真道「(ガクッ)」

全体公開

詳しくは 正解するカド 12話後 兵部京介達の干渉編
異方存在を人間の法で裁いたら、そのお返しが廻って来ました編とも言う。

12話後の設定+アンリミ兵部京介(=ザシュニナ似のエスパー)

作者の趣味により、いきなりクライマックスです。(汗
カド世界の希少なエスパーの女の子も出ています。
能力としては、物理法則を超える力>>>物理パラメーターを弄る力という事になってます。

まあ、あの最終回自体不正解なんだけど、一応その後。
結果的に誰も死なないしハッピーエンドだけど、絶チルとアンリミの兵部京介がカド世界で無双して、沙羅花を徹底的に打ちのめす話なので、沙羅花をお好きな方は回避願います。
それから設定上既に死んでるキャラはそのままだし割と暗い話なので、その点でも苦手な方は回避願います。


メタ会話 その5

?「花森君、全部終わってみて、どうだった?」
花森「これ一応僕だけが、ご褒美貰ったって事でいいの?」
?「まあ大体それで合ってる。寿命の件は、お察しだけど。」

花森「ところで僕のラストは何でああなったの?」
?「あのまま○○○○にいたら何時か異方存在達に捕まって死ぬまで、いいや死んでも禁固刑にされてただろうな。」
花森「えええーーーーっ!! 酷い。何でだよ?」
?「異方存在達にとって君達はみんな犯罪者だからさ。」
花森「何で!? 何でだよ!?」
?「ははは、君の娘が異方存在を殺したじゃないか。忘れたのかい?」
花森「えっと、それじゃ異方存在達にとって幸花って…?」
?「そりゃ君達の世界で言う所の殺人罪で指名手配中の凶悪犯罪者さ。」
花森「え…?」
?「まあ秘密にするような事でもないから言うけど、幸花がザシュニナ君を殺したから、異方存在達は人類を危険視して○○しに来たのさ。そこは色々あって食い止められたけど。」
花森「そんな…。それじゃ僕の16年は一体何だったんだ…?」
?「壮大な無駄。」
花森「真道さんのために、人類のために必死で育てて来た時間が全部無駄だったなんて…(泣)」
?「因みに真道君も鬼畜扱いになってるけど、異方存在達とは互いに手出し出来ないんで、捕まらずに済んでるってワケ。」
花森「(号泣)」
?「そんな訳で今○○○○に帰る事はお勧め出来ない。捕まりたくないだろ?」

全体公開

ザシュニナが能力フル活用する方が面白い&最終回の阿呆存在共が気に入らない、のでこんな話になりました。
(なんかよくわからん話だけど。カドの角で殴り殺された分の、ほんのお返しです。)
ただ、この話は、誰も死なないしハッピーエンドだけれども、沙羅花をお好きな方は、回避願います。
沙羅花をお好きな方が、この話を読むと、ご気分を害しますので、回避推奨です。
(って、まるで毒劇物の注意書きだな…。)

キャプションである程度ネタバレして、読者様の地雷回避の参考にして頂く事にしました。
沙羅花が、酷い目に遭っても、酷くsageられてても平気な方だけ、お読み下さい。

あと、これは、真道とザシュニナのCP小説です。
(大体のストーリーは、1ページ目を読めば分かります。2ページ目は、ひたすら真道とザシュニナが喋ってます。この小説は、後書き含め全部で 34447字あります。)

全体公開

これの前の話の簡単なあらすじ
=真道に頼まれて夏目さんが異方担当特使になって、真道とザシュニナと何やかんやあって、最終的に夏目から真道にプロポーズして、二人は婚約する。

夏目さんが日本側代表交渉官で特使なので、何も問題が起こらず、冬まで平穏に暮らしてる世界線です。
二人が婚約してから初めてのバレンタイン。


キャラ達のメタ会話 その3

花森「僕の若さを返せ!」  夏目&首相「真道君を返せ!」  浅野「あいつを返せ!」  真道美晴「息子を返せ!」
(何処かで見たポプテピザシュニナに、カドで被害甚大だったキャラ達が詰め寄っている。)

ザシュ「おーい。そこから、この世界の在りようを決めた存在を、こっちに落としてくれ。」(異方に居る品輪彼方に)
品輪「はーい。」
(落ちてきた生き物を縛りあげて)
ザシュ「私も真道も、お前らの暴走のための生贄、私の命と真道と栞と、私から奪ったもの全部返せ! 出来ないのなら、どうなるか分かってるな?」

他の面々「「「「(ん? どうやらコイツが元凶らしいな。)」」」」
(全員で被害の元凶をフルボッコにする。)
幸花「やめてーーーっ! 憎しみじゃ何も解決しないわ。」(説得力ゼロ)

ザシュ「力を持ちながら真道が死ぬまで出て来なかった馬鹿娘の君が言うな、真道幸花。君の花森瞬をあんなラストにしたのも、コイツが原因だぞ。」

幸花「へぇ、そうだったんだ? コイツが瞬君を虐めたの…? そうなの…。」(目の表情が段々薄暗くなる。)
ザシュ「(ピッ)」
情報越路朗「土下座しろ。」(フルボッコの輪の中心に向かって)
そう、情報越路朗もこの生き物の被害者だった。

オチが無い。

それにしても、誰が描いたんだったか、ポプテピザシュニナ可愛いな。

全体公開

日本政府側の交渉官兼異方担当特使=夏目さん のカドです。(アニメ3話に当たる)初会談にも、日本政府側の交渉官として夏目さんが出て来ます。この特殊設定なので、この話に沙羅花は出て来ません。
宇宙の創造者=ザシュニナです。

目標=異方と人類の交流を円滑にし、双方に利益をもたらす。厨二バトルなど、もっての他。
夏目さんが日本政府側の交渉官で異方担当特使なら、目標達成出来るのでは(真道がバカでも)、という想定の元に出来た設定です。

キャラと?のメタ会話
?「花森君、この話では16年余計に歳取らなくて済むよ。」
花森「わーい、ヤッター、バンザーイ。」
?「あと特使は夏目さんがやってくれるから、君はそのままでいいよ。」
花森「わーい。」
?「ま、真道君は他の誰かに取られるけどな。」
花森「(呆) まあ、夏目さんに取られるなら、しゃーないか。」
?「いいのかい?」
 
メタ会話その2
夏目「誰よ、変な本を紛れ込ませたのは? こんな真っ黒い邪教な本、とてもザシュニナには読ませられないわ。」
?「そんなに酷いのかい?」
夏目「当たり前でしょう。渡す前にチェックしといて良かったわ。それに真道くんとザシュニナの外出は、ほとんど異方道具絡みで、片手で数えられる回数しか無くて、まともに人間の文化を楽しんだのは夏祭りのたった一回だけ。よくこれで、一緒に色々な所に行ったとか、一緒に色々な事をしたとか、言えたわね?」
?「(苦笑い)」
夏目「光り輝く子供とか、一体何処の新興宗教だよ? 気持ち悪い。視聴者舐めてんのか、お前?」
?「ちょっとちょっと夏目さん落ち着いて。で、その本どうするの?」
夏目「当然ザシュニナには渡さないで、即返却。それ以外の何があるの?」(怖ーい笑顔で)
?「さっきまでの勢いからしたら、随分上品な解決策だね、それは。」

全体公開