通信中...

刀剣乱舞

小説を書くにあたってのキャラクター設定です
すべてオリキャラ視点でのお話になるため、設定を記載させていただきます。
確認後、小説を読んでいただければ、立場や思考など分かりやすいかと思います
※時折小説内にも設定の一部を記載することがあります
※考えなしに書くため設定とブレることがあるかもしれません

全体公開

伯耆国に就任一年目の新人女審神者が刀剣たちとひたすら大阪城に挑んでいた。とある部屋には屍のように眠る刀剣や、ぶつぶつと念仏のようなものを唱える刀剣。また別の部屋では審神者に懇願する刀剣や遠くを見つめてしまっている刀剣たちがいた―――。彼らの様子をのぞき見した日常の一コマ。

※妄想、願望
※誹謗中傷❌

文章能力無し。心の広い方のみお読みください。
NGな方回れ右お願いします。

全体公開