通信中...

新城と書いてあらきです。宜しくお願いします

 

六見先輩でお題に挑戦してみました。
                                 
休日、いつもより遅めの時間に起きた六見遊馬は、
お気に入りのソファでココアを飲みながらまったりしていると、
膝の上でくつろいでいた猫がテーブルの上に行った。
その猫の前には、一冊の本があった。

その本には、見覚えの無い一枚の白紙のメモがはさまっていた。
色々手段を考え、そのメモの意味を知る。

二次創作&五巻以降の六見のその後の話

全体公開