通信中...

新日本プロレス

主人公の棚橋弘之進が忍びになるまで。ストーリーよりも『忍びの生活とは』を描いた話です。
実在のプロレス技を多用しましたが、文章では表現しにくいですね。

全体公開

(『獅子吼剣風伝』の続きです。ストーリーは独立していますが、関連性はありますので)
「北陸・梅鉢藩で不穏な動きあり」と聞き付け、棚橋弘之進が赴いた。「楽な仕事」になるはずが予想外の展開に。さらに宿敵の存在まで……

一応「新日本プロレスの時代劇パロディ」のつもりなのですが、プロレスをご存じない方でもお読みいただけます。また、表紙はイラストではなく写真です。

全体公開

時は江戸時代。海沿いの小藩で奇妙な出来事が相次いでいると聞き、1人の浪人者がやって来た。その名は棚橋弘之進。ワケありである。
ただの好奇心と日銭稼ぎのはずが、弘之進自身にも関わる大きな事件へと変わって行く。
(『はじめに』をよくお読みください)

全体公開

公儀隠密獅子吼組の筆頭・棚橋弘之進。
怪賊『エンハンブレ』として江戸の街で暗躍する哲。
絶妙な間合いを保っていた2人の忍びは、いつしか戦い合う運命に導かれる。
(『はじめに』をよくお読みください)

全体公開