かたくなに夜に住み、君の夢を見る。

/平沢進