女王の箱庭

岬 茉莉花@創作休業中
@misaki_malika

序章

 序章 


今から5年前の夏

それは、あまりに突然な知らせだった

茹だる様な暑い夏のある日、そう、それはよりによって私の誕生日にやってきた。


「お姉ちゃんが……死んだ……?」

「はい。神田麻依さんはお亡くなりになりました。死因は交通事故です。」


信じられなかった。いや、信じたくなかったのかも知れない。かけがえのない家族が、一人で逝ったなど…信じたくなかった。

黒いスーツと黒ネクタイをした初老の男性は、淡々と事務的に、姉の死を告げる。

真っ黒な、まるで深い闇の中のようなサングラスの奥にある目を伺う事も出来なかったので、男が嘘をついているかもわからない。

ただこれ以上男が姉の事を聞いても何も答えないと言う事は、父にも私にも分かっていた。否、そうせざるを得ないような圧力を男から感じたのだ。

そして男は、革製の鞄から小さな一つの箱を取り出すと「これが麻依さんの遺品になります」と言って、一枚の写真と共にテーブルの上に置いた。制服を身に纏い、左薬指に指輪をはめて微笑む姉の姿が映っていて、箱を開くと写真に映る指輪が静かに眠っていた。

そして男は口を開く

「これは麻依さんが在学中常に身につけていたものです。生前麻依さんは、この指輪をそれはもう大切にしていました。事故当時この指輪が現場近くで発見され、今日お持ちした次第です。」

「あ、あの……この指輪以外に…娘の遺品はないのでしょうか?」

父親が震える声で尋ねる。

「ありません。こちらのみです。」

「そう……ですか…」

男は言い切った。突き放すような、これ以上有無を言わせないとも取れる程に冷たい言葉で。真っ黒なサングラスの向こう側の目は、隠れて見えない筈なのに、鋭い視線を向け、まるで動けば殺すと言っているような….そんな感覚すら覚えた。



男は去っていった。






「お父さん…私、流神学園に行く」



その一言に父がどんな顔をしたか、はっきりとは憶えていなかった

でも、好きにしなさいと言う父の声は凄く優しかった気がしたのだけは、はっきりと覚えている



姉さん、本当に死んでしまったの?

いや、そんなはずはない!

だっていつだって強い人だったから

だから、私が必ず見つけ出すんだ

突き止めるんだ!姉さんがどうなったのか





1 / 2

著作者の他の作品

見やすいように陣営別で再編成することにしました。お話の中で誰?となった場...