表紙

273Kの愛情

武装探偵社に突如訪れた青年女性。行方知れずと為った姉を探してほしい、と依頼を託された探偵社は早速捜査に取り掛かる。然し其の最中、予想もしていなかった出来事が――!

本編とは関わらぬ物語の中、彼らが紡いだ時間。今、ここで語られる!

―――――――――――――――
初めましての方は初めまして。紅妃と申します。ひと呼んで林檎蜜柑です!

この作品は【273K(ケルビン)の愛情】と読みます。
このサイトでは初めての二次創作に手を出しました。それも文スト!!
文ストいですよね…毎日しんどいしんどい言って悶えては呻ってます。
因みに私は敦君推し、芥鏡が推しカプです。気の合う方は是非Twitterの方で語り合いましょう!

それでは、【273Kの愛情】をお楽しみください。

目次
著作者の他の作品

一面緑の世界。一人の男性がぶらぶらとほっつき歩く。そんな時間での思い出話...