表紙

光と闇とキミ

ゆひとひ
@eWAtUCTVxF9FnZl

「ごめん、愛麗...ごめんな」謝るくらいなら、どうして?なんで?...信じていたのに、ある日の夜それは簡単に崩れ去ってしまった。愛とは何かわからなくなった私の前に一つのものが現れた。それは闇か光か...気づくのはもう少し先のこと。

目次