風雲児のゾンビちゃん

ゆみコロ@創作垢
@amiyumi_sosak

3

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

女のヒーローは異端だ。今まで存在したことが無いし、きっと市民もヒーローは男だと思っている。だから私はヒーローとして出る時は自分の顔や体を隠しているのだ。基本は矢後さんや久森くんと同じような服装だが、詰襟ではなくフードが着いている。そのフードを被り、狐面をすれば性別なんて分からない。それに体型が分かりにくいようにダボッとしたサイズにしている。あと、声も中性的だしね。


「ゾンビ!あっちやれ!」

「了解です!」


交戦ポイントまで急ぎ、数分足らずで到着した。白星の奴らは合計で3人。イーターの数は5。確かに多いし、幼生体も多い。なんでこんなに数が多いんだ?・・・いや、それは今考えることではない。私は直ぐに自分の武器・・・馬鹿でかいモーニングスターをイーターの頭に振り下ろした。


「ゲエッ!勇成と狐!なんでいんの!?」

「ハッ!楽しいからに決まってんだろ!」


・・・ちなみに狐というのは私の呼び名だ。ALIVE内でも私の情報は秘匿扱いになっていて、他のヒーローであろうと私の正体は分からない。分かるのは風雲児所属という点だけだ。矢後さんと久森くんも、聞かれた所で私については絶対に漏らさないし安心している。そんな訳で氏名不明だから通称が狐になっているのだ。狐面だから狐とかネーミングセンス無さすぎない?