ゴートゥホウエン

佐渡惺
@sat0rusq

第12話(最終話)、セレナとハルカ、友情のコンテストバトル!!

 シトロンたちは用事が済んだため、そろそろ、カロス地方のミアレシティへ帰ろうとしていた。




 シュウたちに別れのあいさつし、シトロンたちは行こうとすると、ハルカが引き止めた。




 ハルカ「このまま、バイバイなんてしたくないかも」




 セレナ「ハルカちゃん……」




 ハルカ「だって私、セレナちゃんとまだコンテストバトルしてないもん」




 セレナ「あ、そっか」




 シュウ「シトロン」




 シトロン「はい」




 シュウ「僕からも君にバトルを申し込むよ」




 シトロン「わかりました。臨むところです」




 ハルカ「それぞれ、楽しいバトルにしましょう」




 セレナ「うん!」




 ハーリー「あら、あなたたち、盛り上がってるじゃない。あたしも混ぜなさいって」

 そこで、ハーリーもやってきた。




 ハルカ「えー」

 明らかに嫌そうなハルカだ。




 シュウ「ハーリーさんは」




 シトロン「僕たちとバトルをしましょう」




 ハーリー「あぁーれぇーえー」

 と、セレナとハルカのバトルを邪魔させないように、ハーリーの肩肘を引っ張っていったシトロンとシュウだった。




 ハーリーの方は、シトロンとシュウと三人で向かい合ってバトルするかたちとなった。




 シトロン「レントラー、ワイルドボルトから、スピードスター!」




 ハーリー「あんた、シトロンって言ったわね。コーディネーター向いているんじゃないの」




 シトロン「へ?」




 シュウ「そうだね、レントラーのスピードスター、美しいよ」




 シトロン「いやぁ、僕はポケモンを幸せにする発明家の夢がありまして……」




 ハーリー「ま、もったいないこと」




 シュウ「そう言ってる君も、彼を見習って、真っ直ぐバトルしたらどうです。コンテストで卑怯な手を使うのなんかやめて」




 ハーリー「ふん、大きなお世話よ。ノクタスちゃん、ミサイルばりよ」




 シュウ「フライゴン、かわせ」




 ハーリー「キィー、飛ぶポケモンはだから嫌いよ」




 シュウ「降参するかい?」




 ハーリー「誰がするもんですか」




 シトロン「レントラー、ワイルドボルト! 二人とも、僕もいることお忘れなく」




 シュウ「悪いね、シトロン」




 ハーリー「ふん」


 男子三人でバトルをしている中、セレナとハルカも熱いバトルをしていた。




 ユリーカ「セレナ-、ハルカさーん!」

 ユリーカは、二人の応援をしていた。




 セレナ「テールナー、かえんほうしゃ!」




 ハルカ「すごく芸術的なかえんほうしゃね。グレイシア、こっちも反撃するわよ。ひみつのちから!」




 セレナ「あ、かえんほうしゃが消えちゃった。でも、もう一度テールナー、かえんほうしゃよ!」




 ハルカ「かえんほうしゃの輪をくぐり抜けるテールナー、きれいかも」




 セレナ「テールナー、ひっかく攻撃!」




 ハルカ「あ、グレイシア! すっかり、テールナーのかえんほうしゃに見とれてしまったわね。グレイシア、シャドーボール!」




 セレナ「かわして!」

 テールナーは、グレイシアのシャドーボールをすばやくかわした。




 ハルカ「まだまだ! こおりのつぶて!」




 セレナ「かわして、かえんほうしゃ!」




 ハルカ「ごめんね、セレナちゃん、テールナーのかえんほうしゃ、いただいちゃうかも。グレイシア、れいとうビーム!」




 セレナ「あ!」

 テールナーのかえんほうしゃが、グレイシアのれいとうビームによって凍らされてしまい、セレナは動揺してしまう。




 ハルカ「グレイシア、凍らせたかえんほうしゃの氷の上をすべって、テールナーにシャドーボール!」




 セレナ「テールナー!」




 ユリーカ「テールナー、戦闘不能だね」




 セレナ「戻って、テールナー」

 セレナは、テールナーをモンスターボールに戻した。




 ハルカ「ありがとう、セレナちゃん、楽しかったわ」




 セレナ「こちらこそ、ありがとう、ハルカちゃん」

 と、セレナとハルカは握手をした。




 ユリーカ「ハルカさんのグレイシア、すごく強かったのと、技の一つ一つがきれいだったね」




 ハルカ「そんなこと言われると、グレイシアが照れちゃうかも」




 セレナ「ハルカちゃんの方が照れてるよ」

 セレナはウケていた。





 シトロン「セレナたちの方も、バトル終わったんですね」




 セレナ「うん」




 シトロン「こっちも今、終わったところです」




 ユリーカ「お兄ちゃんたちの方は、結果どうだったの?」




 シトロン「あ、その、シュウに負けてしまいました」




 ユリーカ「残念だったね、お兄ちゃん」




 セレナ「あれ、ハーリーさんは?」




 シュウ「僕たちとバトル終えたあと、どっかに行ったよ」




 ハルカ「ハーリーさん、嵐の台風みたいかも」



 それから、シトロンたちは、よく会話をしたあと、帰りのカイナシティ行きのモノレールに乗り、シュウたちと別れた。




 シトロン「さようならー! シュウ、またどこかで会ったら、さっきみたいなバトルしましょうー!」

 シトロンはモノレールの窓から大声で叫んだ。




 シュウ「さっきみたいって、ハーリーさんもまた交えてかい。シトロン、ユリーカも、元気で!」




 ユリーカ「シュウ、ハルカさーん、バイバーイ!」

 ユリーカも、モノレールの窓から叫んだ。セレナもだ。




 セレナ「ハルカちゃん、私、ハルカちゃんに会えて良かったよ! また会おうねー! さようならー!」




 ハルカ「セレナちゃん、今度会ったら、また一緒にコンテストに出ようねー!」




 セレナ「うん!」



 シトロンたちは、シュウたちの姿が見えなくなるまで手を振り続けていた。そして、帰りのモノレールは、カイナシティに到着した。





 セレナ「あっという間だったな」

 モノレールから降りたあと、行きのときとちがう言葉を言っていたセレナだった。




 シトロン「そうですね」




 ユリーカ「何か寂しいよね」




 セレナ「うん」




 シトロン「さ、早くミアレシティに戻りましょう。サトシがもうイッシュ地方から戻ってきているかもしれませんし」




 セレナ「そうね、急ぎましょう」

 セレナは、サトシのことを思い出すと、気持ちが切り替わったようだ。




 ユリーカ「ミアレシティへ、レッツゴー!」

 ユリーカも、セレナにつられて張り切り出した。




 シトロンたちは、カイナシティの空港に行き、飛行機に乗り、ミアレシティの空港まで来た。




 ミアレシティの空港の外へ行くと、シトロンたちは、ちょうどサトシとパンジーの姿を見かけた。




 セレナ「サトシ-!」




 サトシ「セレナ! シトロンとユリーカも!」




 ユリーカ「サトシ、おかえりなさい!」




 パンジー「セレナちゃんたち、サトシくんが、帰ってくるのを待っててくれたの?」

 パンジーが質問すると、セレナたちより少し遅れてやってきたシトロンが答える。




 シトロン「いえ、僕たちもあれから、ホウエン地方に用があってちょっと行ってたんです」




 サトシ「おおー、ホウエンにか! 懐かしいな!」

 サトシはタケシとハルカとマサトとホウエン地方で旅をしていた頃のことを思い出していた。




 パンジー「じゃあ、ちょうど、帰りの飛行機の時間が一緒だったのね」




 シトロン「はい、そういうことになりますね」




 セレナ「サトシ、カロスリーグの挑戦は大丈夫になったの?」




 ユリーカ「ねえ、バッジ、最初から集め直しするの?」




 シトロン「こら、ユリーカ、何てことを!」

 シトロンはユリーカの口をふさいだ。




 サトシ「ああ、それなら、大丈夫になったよ。バッジは、五個目のままさ」




 シトロン「ほっ、良かったです」




 セレナ「じゃあ、私たち、ここからまた旅ができるのね」




 サトシ「もちろん!」




 ユリーカ「やったー!」




 パンジー「じゃあ、今夜はもう遅いから、私がシトロンくんちまで送ってあげるね」




 ユリーカ「待って、プラターヌ博士のところがいいんじゃない。多分、パパ、留守だよ」




 シトロン「大丈夫ですよ、家の合い鍵なら、僕が持っていますから」




 セレナ「それに、サトシもここにいるし、プラターヌ博士のところまで、わざわざ行かなくてもいいよね」




 シトロン「はい、ですので、パンジーさん、僕んちまでお願いします」




 パンジー「わかったわ。じゃ、乗って」




 サトシ「すみません、お願いします」




 こうして、仲間同士で合流し、ひと晩が経つと、四人はパンジーの見送り付きで、ミアレシティから旅立ったのだった。次の目的地であるクノエシティを目指してー。






              終わり。






ー第12話(最終話)、セレナとハルカ、友情のコンテストバトル!!のリアルタイム更新時間ー

2015年12月18日23:02 GREEより


著作者の他の作品

Uー17(アンダーセブンティーン)、日本代表が決まり、合宿に参加している中...