ゴートゥホウエン

佐渡惺
@sat0rusq

第9話、嵐の二次審査、シュウVSハーリー!!

 それから、シトロンはコンテスト会場へ急いで戻り、受付の人に掛け合ってみた。




 シトロン「すみません、セレナさんの失格を取り消してもらえませんか」




 受付「申し訳ありません。一度失格になってしまいますと、再エントリーはできないのですよ」




 シトロン「セレナさんは、何も不正はしていなかったんです。お願いします、セレナさんを今からハーリーさんと対戦をさせて下さい!」




 受付「……申し訳ありません。ハーリーさんは今、シュウさんともう対戦をしてしまっています」

 本当に申し訳なさそうに、受付の人は言った。




 シトロン「そんな……」




 セレナ「もういいよ、シトロン」

 あとから追ってきたセレナが後ろで言った。ユリーカもジュンサーもそこにいた。




 シトロン「セレナ……」




 セレナ「もういいから」

 笑顔でそう言ったセレナに、




 シトロン「ごめんなさい、セレナ!」

 と、頭を下げたシトロン。




 セレナ「どうして、謝るの?」




 シトロン「元は僕が悪いんです。僕がハーリーさんにあのとき、警備ロボを渡してしまったから。ハーリーさんにだまされていなかったら、セレナは……。僕のせいだ……」




 セレナ「シトロンのせいじゃないよ」

 セレナはうつむくシトロンの肩に手を置いた。




 ユリーカ「そうだよ、ハーリーって人が汚い手を使ったのが悪い!」




 受付「どうしますか、試合を中止させますか?」

 受付の人がジュンサーに聞くと、




 ハルカ「待って下さい」

 これまでの話を聞いていたハルカが止めた。




 シトロン「ハルカさん」




 ハルカ「試合をこのまま続けさせて下さい」

 理由は、ハルカが決勝まで進んだからだ。




 試合がここで中止になると、ハルカは戦いたい人と戦えなくなる。それが嫌だからだろう。




 ジュンサー「わかりました。コンテストが終わるまでハーリーさんの件はお預けにしましょう」




 ハルカ「ありがとうございます!」

 ジュンサーに礼を言ったあと、ハルカはセレナの方へ向き直った。




 ハルカ「セレナちゃん、敵はシュウが必ず取るから。私も、ハーリーさんに会ったら、怒鳴ってあげるからね」




 セレナ「いいよ、ハルカちゃん。私、もうそんなに気にしてないから。決勝戦、応援してるね」




 ハルカ「セレナちゃん……」

 ハルカはどこかすっきりしない様子だった。




 セレナ「さ、シトロン、ユリーカ、観客席でシュウくんの応援しよう」




 シトロン「はい」




 ユリーカ「待ってー」




 ハルカとジュンサー、受付の人にそれぞれ失礼しますと、シトロンたちは言ったあと、観客席の空いていた場所に座った。





 シュウ対ハーリーのコンテストバトルは意外と白熱していた。





 ユリーカ「どっちも強いね」




 シトロン「どれどれ、シュウはアブソルとフライゴン、ハーリーさんはプクリンとジュペッタですか」




 セレナ「プクリン、凶暴ね……」

 カロス地方のポケモンセンターで見てきたプクリンと正反対で驚いたセレナだった。




 シトロン「シュウがわずかにリードしていますが、ハーリーさんの次の反撃が怖いところですね……」




 ユリーカ「お兄ちゃん、怖いのだめだもんね」

 と、兄をからかうユリーカ。




 シトロン「ユリーカ! シュウのフライゴン、すばやさがありますね。すばやさを生かして空に何かを描いたり」




 セレナ「!」

 シトロンの言葉によく耳を傾けるセレナ。




 シトロン「シュウのもう一体、アブソルはかまいたちが見せどころですね。ほら、ハーリーさんのポイントがだいぶまたけずれた。連続のかまいたちが良かったのですね。一つの技によくみがきがかかっています」





 セレナ「………」

 シトロンの言葉が、今後のトライポカロンの参考になりそうなのか、セレナは気が付けば、隣のシトロンの横顔をじっと見つめていたのだった。




 シトロンたちが見守る中、シュウはハーリーにこう言った。




 シュウ「君は人をおとしいれるのが好きだね」

 と。セレナに卑怯な手を使ったことはお見通しのようだ。




 ハーリー「あーら、何のことかしら?」

 とぼけるハーリー。




 シュウ「フライゴン、すなあらし! アブソル、アイアンテール!」




 ハーリー「ふん、決めさせるものですか! ジュペッタ、いやなおと! プクリン、のしかかりよ!」




 シュウ「甘い! フライゴン、アブソル、かわせ! そして!」

 指をパチンと鳴らしたシュウだった。これは、先ほど指示した技を相手にお見舞いさせる意味だった。




 よって、フライゴンのすなあらしと、アブソルのアイアンテールがばっちり決まった。




 ハーリー「ああ、ジュペッタ、プクリンちゃん!」




 ビビアン「試合終了! シュウさんの勝利でーす!」




 シュウ「決勝か……」

 次の決勝戦のトーナメントがモニターに映し出されいたところを見たシュウだった。モニターにはもちろん、ハルカとシュウが映っていた。





 ユリーカ「お兄ちゃん、シュウが勝ったね!」




 シトロン「見ててちょっとすっきりしたような。シュウのフライゴンのすなあらしが花吹雪に見えた気がします。すなあらしの中からのアブソルのアイアンテールはまさに時代劇で見るような侍の剣のようでしたね。シュウはよくフライゴンとアブソルの合わせ技をいかに美しく見せるか研究しています」




 セレナ「………」

 引き続き、セレナのシトロンへの注目は続いていた。





 観客席のちょっとした出来事と、次のコンテストバトルの決勝戦。





 シトロンたちとハルカたちそれぞれが、期待を胸いっぱいふくらませていたのだった。




              つづく。









ー第9話、嵐の二次審査、シュウVSハーリーのリアルタイム更新時間ー

2015年11月22日12:44 GREEより


著作者の他の作品

アニメのポケットモンスターXYとマンガ本のポケットモンスターSPECIA...