チョコレートの遊園地、ティラミスの時計塔

ルーフス@低浮上を極める
@Seto_Kurona

探偵

探偵社の社長に拾われてから早1年。

社長に恩返しをしたくて、俺も探偵の1人となって頑張っていた。

今回の調査は、間違いなく俺のもってきた仕事の中で1番の大きなものだ。

一口に遊園地と言っても、ここは結構有名な会社の運営する結構大きなところだから、俺が買うべきだったチケットも、俺の給料だけじゃ足りなくて、結局は社のみんなに少しずつ貰ってしまう始末で。

ここまで遠出するのも初めてだから、社長には迷子にならないかと3回くらい抱きしめられた。

何せはじめの2ヶ月はずっとお茶出しと事務所の掃除係、それから半年は事務仕事ばかりをしていた俺だ。

3ヶ月前に探偵デビューしてからも、仕事は月に1回あるかないかだ。

他の探偵さんの手伝いで、実際にどんなことするかとか、現場に行って学んだりとかはしてたけど、いつまでたっても自立させてくれない社長がちょっとばかり鬱陶しくなってしまって、この仕事を聞いた時、俺がやりたいと強く思ったのだった。

著作者の他の作品

俺の世界には、いつだって音楽が鳴り響いて止まなかった。楽しい時も、悲しい...

友人と一緒に作った子達の小さい頃のオハナシ。ー双子はお父さん、お母さんと...