チョコレートの遊園地、ティラミスの時計塔

ルーフス@低浮上を極める
@Seto_Kurona

チョコレートの遊園地

和気藹々と笑顔ばかりの人混みを縫いながら、影が一つ。

その眼差しは、ヌイグルミに抱えられた、死んだように眠る子供を見つめて離さなかった。

少し考えればおかしいこの状況にも、熱に浮かされた客たちは気がつかない。

どれだけあの子供の母親が泣き喚こうと、父親が頭を下げようと、ここにいる人間たちが求めるのは娯楽だ。

この場に存在する全ての不幸に目をつむらせ、幸福にとっぷりと酔わせていく。

だから、誰も気づかないのだ。

眩くきらめくアトラクションたちの、そのすぐ上の空が。


ー今にも、崩れ落ちそうなことに。

著作者の他の作品

他サイト『診断メーカー』の診断内の世界観共有のためのものです。ご不明な点...

俺の世界には、いつだって音楽が鳴り響いて止まなかった。楽しい時も、悲しい...