過剰恋。

ぐぁてまら。
@coffee_kj

02 : 留年生



そもそも、俺がこの高校に来たのは最近の事で。

まだまだ、この学校については初心者。



どんな人がおって、どんな歴史があってだとか。

まだ、全然知らへんし。




だから、その‘渋谷すばる’のことも。



『横山くん、2年1組におる渋谷すばるくんと仲良いん?』


「仲良うしとるで、同い年やしね、今はちゃうけど」



『え、、同い年……?留年したん、すばるくんて』



「授業日数足りてなかったんやて、ヤスは気ぃ付けや(笑)」




留年か……、通りでなんだか、周りの二年生と馴染めてないんや。

しかも、雰囲気が厳ついよななんか。




「……そんなことより、俺さ。先輩やねんけどなぁ、一応」


『ご、ごめん(笑)何か、話しやすすぎてタメ口やった…』



「ん、まああんまり気にしてへんけど」




横山くんは優しいから、何か、、優しさにすがってまうねんな。

タメでも怒らへんし、いてて楽なんかな。




「まあ、すばるにはマルがおるから大丈夫やと思うわ」


『へぇ……』



……それにしても、授業日数の影響で停年とは…。

まあ、なくはない話なんやろうけど。



『すばるくんは勉強出来るん?』


「少なくとも俺よりかは(笑)」




じゃあ、そこそこ頭良いんや。

……謎やなぁ、勉強出来るんに勿体ない感じ。



「全然悪いやつとちゃうから仲良うしたってね」



え、絶対無理やろ俺なんかが…。