会長の秘密!

第一話『我らが生徒会長様。』

僕の名前は立花真たちばな しん

高校2年。


ごく普通の男子高校生です。

でも普通というより、ひ弱な男子高校生だけど...。


学校でいじめられてる訳では無いけど、楽しいかと言われれば楽しくない。


そんな僕の通ってる学校はどこにでもある学校だけど、凄い人がいる。



「会長ーーー!! 渚紗様ぁ!!!」と

まだ門を通ってないが生徒の声が聞こえてくる。



そう、この学園には誰からも尊敬され

誰からも好かれる生徒会長こと3年生の結城渚紗ゆうき なぎささんがいる。


会長が入学するまでは

勉強と部活の偏差値はそれほど良くなかったしボランティア活動も自由参加だから参加する生徒も少なかった。


僕自身、この学校を受験したいと思ったのも会長の文武両道で生徒個人の話を聞き入れてくれる。

それでいてかっこよく美人であるからだ。


最後のは、まぁ見た目の事になるけど……



会長は勉強も首席、部活も剣道部の日本大会個人で優勝している。団体ではベスト4。


それでもって生徒会長であるから一体どんな生活しているのか気になる……


モテると言うより

もはや崇拝している生徒達。


門まで着くと風紀委員と生徒会が立っていて登校中の生徒に挨拶をしているが、会長が居るから皆群がっている。


「会長おはようございます! 今日も一段と素敵ですね!」


「渚沙様を登校時から見れるなんて光栄です!」


後ろの奴らも、自分も自分もと押している。


俺もその人の並にのみこまれた。

背も低い俺にとったらもみくちゃにされてしまう。



ひぃ!やめてくれ!顔が体があらぬ方向に...!!



その時だった、大きく凛々しい声で



『君たち! やめないか!!! 』



と聞こえた。



この声は生徒会長だ。