僕と死神さん

カラス コンパス枠
@konpasu2017

1話 マンガと死神さん

「ねぇ?……思ってること言っていい?」


「何?」


「あのさ…僕の命取る気あるの………?」


「…………。」


「いや、…いやいやいや!考えることなの?!死神なんでしょ?!」


「取る気あるっちゃある……無いっちゃない!!」


「何この曖昧な死神!!なんかヤダ!!」


「いや、だってさ…お菓子買ってくれるし、マンガの……少年ジャボン買ってくれるし……快適やん(笑)」


「子供かよ!!しかも少年ジャボンって何?!ジャ〇プでしょ!何処にジャボンするんだよ!しかも死神が快適って言って仕事サボってていいのかよ!」


「ジャボンもジャ〇プも一緒やん!ジャンプからのジャボンって行くやんけ!!少年ジャ〇プは大人の事情であかん気がするねん察せ!!それに今魂取ったら続き見れんし!!こんな快適なところ手放したくない!」


「ジャボンって行かないし!大人の事情って何?!ってか本音だだ漏れだよ!!なんか死神の偉い人に怒られないわけ?!」


「………」


「……え?怒られるの?」


「………。ま、まぁ〜〜あれよな…延長しましたって言うからなんかあれよ……まぁ、ぶっちゃけ延長してるし〜…みたいな……あれよなって言うな」


「…は、はぁ…そ、そうなんだ…なんか…ごめん」


「いや、いいけど……」


「う、うん……」





「「……………」」





「まぁ、とりま少年ジャボン」


「ジャ〇プね」


「新刊買って」

「買わないけどね」


「うっっっわ!!一気にテンションジャボンしたわ」








僕が死ぬのはまだまだ先なのかもしれない……















まぁ……いっか



著作者の他の作品

カラスの妄想を書くお部屋見ても引かないと約束のうえ、ご覧ください♡

Twitterの診断『君と僕の世紀末』にて、出た結果で小説を作った作品となってお...