笑止千万 人の欲

プロローグ

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。


すまなかった。すみませんでした。



学園中に叫ぶような、縋るような謝罪の声が響き渡る異様な時。


そう、全ては終わったのだ。



私の目の前でも群青色の制服を纏った一つ下の後輩が私に頭を下げている。


私は安堵から笑い、私の後ろに立つ同じ色の制服を着た顔のよく似た後輩も涙を堪えるように笑っていた。



そう、全ては元に戻ったのだ。




これはひと月程前に始まった、後に「天女事件」と称される事の話…