恋のイタズラ坂野原和也編

馬場多美子
@k0c2hekXxOJUnCS

7章

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

あれから三年が経ち

俺は、球団を背負って行くくらいになったある日

赤坂明美が、少し元気がない事に気づいた。

坂野原和也「どうした?」

赤坂明美「うん…最近元気が無くて病院に行ったら妊娠していたの」

俺は驚いた。

でもこの三年毎日と言うくらいに明美を抱いていたから、妊娠をしても変ではなかった。

坂野原和也「少し出掛けないか?」

赤坂明美「うん…」

俺達二人は、星が綺麗に見える丘に行く。

そして、

坂野原和也「赤坂明美さん俺と結婚して下さい」

赤坂明美は、涙を流しながら。

赤坂明美「はい…」

っと答えた。

そして俺達の間に

三年飛びに

女の子、男の子、男の子と産まれた。