ヒノモト首都事変

マリンです(大声)
@marine_menhely

罠中ノ黒蛇ト鷹ノ影

「なかなかやるじゃないですか?」

「そりゃどーも」

そんなやりとりを交わしながら、攻撃を凌ぐ。

「でも…少し見積もりが甘かったみたいですね」

どこか恍惚とした笑みを浮かべるロクジョウの言葉を遮るように、部下の一人が叫ぶ。

「隊長!危ない!」

「っ…?!」

咄嗟に身をかわす。

次の瞬間、数秒前まで俺がいた場所を刃渡りの短い刃が襲った。

はためく長い外套が視界に映る。

「—余計な事を」

冷たい声がどこか苛立たしそうに言う。

その声に聞き覚えがあった。

「何故貴方がここに?」

そう問うと、「貴様らを消すためだ」という答えが返ってくる。

「ふふ、クガハラ隊長らしい」

ロクジョウが笑う。

「口じゃない。手を動かせ。せっかく獲物が自ら罠に嵌まりに来たんだ、一気に仕留めるぞ」

クガハラ隊長の言葉に、「相変わらず無愛想ですね」と皮肉っぽく笑いながらロクジョウは薙刀を握り直す。

「じゃ、早いとこ仕留めちゃいましょう」

「手慣らしという所か…まあいいだろう。さっさと片付けるぞ」

「了解です」

―よし、第二段階成功。

まさかクガハラ隊長が初っ端からあんなにマジで俺を殺しにかかってくるとは思ってなかった。まともにあの攻撃食らってたら間違いなく死んでたな。

ま、でも全部狙い通り進んでるし問題ないだろ。

にしても、こんなに気持ちいいくらい罠に嵌ってくれる敵なんてそういねぇよ。

いつ罠に気付くか楽しみだな?

著作者の他の作品

◆異形とすこしのスプラッター注意◆この前書いた小説の4人と+αでセルフ二次創...

素敵診断「猫狐狗狸の戦い」の診断結果から創ったうちの子の小説です。多分近...