審神者になった降谷零

かのえ
@kanoe_aa

設定等

■背景や時期設定

そしかい後、半年〜1年くらい。

警視正に昇格した事で現場仕事も遠退き、忙しいながらもやや張り合いがなく感じていた所に政府からのお達しがやってくる。

警察を続けながらの審神者業で、勤務時間の割り振りは降谷さんの裁量で行われている。


組織は主要幹部が捕らえられただけの実質の壊滅状態。そのためいまだ各地には構成員や密売ルート等が多く残されており、日本を拠点にした対策本部も活動を続けている。

赤井さんを含めたFBIも日本にいる。


降谷さんが審神者である事は周知されていないが、特に隠しているわけでもないので降谷さんの近辺では知られた事実である。


また、審神者である事は必ず伏せなければいけない訳ではないが隠したがる人が大半。その理由は神と通じている為に良からぬ事を考える輩に狙われたり危ない目に合う事が多い為。それについては政府が対策を急いでいる、らしい。


降谷さんは自身で身が守れる事と、審神者の立場を何かに利用できる事もあるかもしれないという考えから隠していない。


赤井さんは基本的に日本にいるが、大きな脅威は去ったとしてFBI本部からはアメリカに呼び戻されることもしばしばあるような状態。



■本丸や刀剣男士達について

本丸は引き継ぎ本丸。

降谷さんが類稀な指揮能力とカリスマ性、審神者としての優秀な素質を兼ね備えていた事と、年齢が30を越えていた為にそうなった(中途採用的なそういう)


本丸の元の主は年齢が幼く、成長すると共に別の道を歩みたくなり刀剣男子達の理解を得て審神者を辞した。元の本丸の戦績等は中の下くらい。


本丸の刀の数は特殊な入手方法(イベント入手)でしか手に入らない刀の何振りかがいないくらいの数。


刀剣男士達は幼い審神者の成長を応援し支えながら積極的に本丸運営に携わってきた事もあり、穏やかで働きものの刀が多い。元の審神者とも極めて平和に別れている。


刀剣男士達の降谷さんに対する態度は見て頂ければわかる通り。


降谷さんは刀剣男士達を神様であり刀であり部下であると認識しており、そして家族や友の様にも感じている。これは刀剣男士達の愛情と喜んで注いだ努力の結果。


刀剣男士達から降谷さんへの愛情に性愛はない。

逆も然り。