GOD EATER

赤狐@夢垢
@akakon4x_yume

出生

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

「サカキ博士」


「なんだいミカゲくん?」


「私って一体何なんですか?」



そんな会話がラボの中から聞こえ、入ろうとした俺の手が止まった。


確かに気になっていたところだ。

以前リンドウ達には"記憶がない"と言っていたらしいが、実際のところはどうなんだ。


アリサが第一部隊に復帰してから何故か俺に聞いてきた。

知らん、と言えば"ソーマでも知らないんですか?そっかぁ"と何やら嬉しそうだったが、別に仕事に関係ないだろう。


しかし、他の奴等にも聞かれると次第に気になってくるのが人の性か。

ラボの扉は開かず立ち聞きしてみる。



「うん?ミカゲくんの出生ってことかい?」


「うん」


「何故私に?」


「いや…サカキ博士なら知ってるかなって。私、適合試験以前の記憶がないんです。

だから、もしかしたら試験前に博士に強い薬打たれて記憶がないとか…」


「いやいや、さすがに私もそう言う人体実験とは手を離したよ。

しかし…それは初耳だね」


「?なんで博士も知らないんですか?」


「正直な話、君を初めて見たのは…シックザール前支部長が連れてきた、まさに適合試験当日なんだ」



親父が、連れてきた…?



「え…」


「君は極東支部待望の新型神機使いだから、私も気になって君のアーカイブやらを覗かせてもらったんだ。

しかし出てきたのは、適合試験当日からの記録だった。

君が何処で育っていたのか、親は誰なのか、どういう経緯で此処へ来たのか、全く記されていなかった」



上層部の…いや、親父の隠蔽か?

だがアーク計画以後、色んな書類やサーバーの遺物を漁っていたがミカゲに関するものなんて出てこなかった。



「じゃあ…私は…」



一体何者なんだ…



「シックザール前支部長の隠し子…?」



って、なんでそうなるんだよ…!

ずっこけそうになる体をなんとか支えて盛大な溜め息を吐いた。



「いや、それはないだろう。DNAを調べても、君と前支部長は一致しないからね」



当たり前だ。

こいつが腹違いの妹なんて俺は嫌だからな。…色んな意味で。



「いやしかし…私は君が過去を話したがらないだけなのか、それとも上層部の手の者なのか疑ったこともあるが…まぁご覧の通りだね。

君自身が知らないとなると、さすがに此方もお手上げだ」


「…別に、特別気にしたことは無かったんだけど…。

アリサが一度故郷に帰る、とか、コウタの家族と接したりとか…ツバキさんとリンドウさんのやりとり見てると…なんか、気になっちゃって」



……あぁ、こいつは



「私には…何も無いのかなって…」



寂しいんだな。



「…君は、もう沢山のものを持っているじゃないか」


「え?」


「極東支部という大きな家族を」


「極東支部…?」


「あぁそうさ。今や君が我が極東支部の大黒柱、要は居ないと首が回らないんだ。

大黒柱って父親なんかに例えられるけど、君の場合はお母さんかな?」


「いきなりお母さん…」


「はは、突然立ち位置が飛躍し過ぎたね。

でも、ここでの記憶しかないんだったら、この支部の皆は君の家族のようなものだろ?

例えば…リンドウくんは父親、サクヤくんが母親、なんてどうだい?」


「リンドウさんが父親…?…なんか色々振り回されて苦労しそうだけど……良い、お父さん、かも…」


「他に君にとってあの人はこうだ、とかはあるかい?」


「あの人はこう……、タツミさんは…お兄ちゃんって感じ。アリサは妹…?うーん…後輩って感じ…」


「うんうん」


「コウタとカレルとシュンは近所の友達って感じ…よく3人でつるんでそう…」


「なかなか面白いね。因みに私は?」


「博士?うーん…ご近所さんで優しくしてくれるけど、よく実験して爆発起こしてそう」


「ははは。君の家族構成のなかでも相変わらず私は研究者なんだね」



家族、という言葉は俺も知らない。

ミカゲよりかは知ってはいるが、ごく一般の経験をしたことがない。

そう言う意味では俺もあいつと同じで家族を知らないんだな。


アラガミの世界になっても、そう言う普通の幸せを誰かが送っているというのは、俺達ゴッドイーターが命張って築いてきた小さな轍であり、俺には眩しすぎる。

眩しいものを見ていられなくてラボから立ち去ろとした



「でも手っ取り早いのはミカゲくんが家族を作れば良い話だよ?」


「家族を作る?それってどうやって…」


「それはミカゲくんがソーマとけっこ「サカキのおっさん、邪魔するぞ」



バカな話にしてんじゃねぇよ、ったく。





*****

(ねぇ、もし私がソーマの妹だったらどうする?)

(断る)

(即答!?)

(縁切る)

(ちょっ、酷くない!?)

(お前が妹なんてまっぴらゴメンだ)