GOD EATER

赤狐@夢垢
@akakon4x_yume

私は誰

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

「ねぇ、ミカゲってゴッドイーターになる前は何をしてたの?」


「え」



サクヤからの質問。

似たような質問を近頃他にもされた所だ。



「あー、それ。俺も思ってた」


「え、コウタも?」


「うん。いやだってさ、俺の事けっこー話したのにお前からの話一個もないし。

同期としてそれは寂しいっつーか」



コウタは外部居住区に住んでいて母親と妹がいる。

ゴッドイーターになったのなら家族を安全な場所へ移り住めるという話を聞いたから、と。

そこまでは聞いた。



「おいおい、任務が終わったらのんびりお喋りかー?」


「あら、リンドウも気になるでしょ?」


「ん?まー気になるっちゃあ気になるが…。ま、人それぞれ言えないもん持ってたりするわけで。

無闇矢鱈と聞き出すもんじゃないさ」


「えー。リンドウさん大人ー」


「良い歳した大人だからな」



さー帰投だ帰投、と言ってポイントへ足を進める3人に駆け足で付いていく。



「いや…別に言えない過去を持ってるとかじゃなくて…」


「お、何してたの?」


「その質問…この前もタツミさんにされて…」


「やっぱり皆考えることは一緒ね」


「極東支部待望の新型神機使いだからな。そりゃ注目の的ってもんよ」


「でも…その時も応えられなくて…」


「やっぱり言えない過去持ちとか?」


「そうじゃなくて…その…」



ポイントへ着いてヘリが到着するまでの時間が長く感じる。

何を言えば良いのだろう。

何を言えば信じてくれるのだろう。



「……っ」


「あー、良い良い。無理に言おうとすんな」


「言いたくなかったら良いわよ。って、最初に聞いた私も悪いけど」


「そうそう、色々あるって」


「その…私…っ」



記憶が

適合試験を受ける前の記憶が



「記憶が、無いんです…」