GOD EATER

赤狐@夢垢
@akakon4x_yume

笑顔

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

「これで終わりですね」


「そうね、お疲れ様。それにしても、本当に頼もしくなったわね、ミカゲ」


「サクヤさん達の支えがあったからですよ」


「また謙遜しちゃって、もう」


「……」


「どうしたの?」


「いや…サクヤさんとこうして任務に行けるの、あと何回かなって、思って…」


「フフッ、そうね…」


「あの…ご予定は?」


「まだよ、安心して。リンドウも本当のところはどう考えているのか判らないし、ね」


「…それは、まだ私達が頼りないから、サクヤさん達が前線に出ないといけないんですよね」


「頼りないなんて、そんなの全く思っていないわ。私も、リンドウも。寧ろ頼りすぎちゃったぐらいよ」


「……」


「ミカゲが居なかったらアーク計画は疎か、リンドウも…。きっと今こうして自然に笑えているのは全部ミカゲのおかげよ。

感謝してもしきれないわ」


「…良かったです」


「え?」


「サクヤさんに笑顔が戻って」


「……」


「リンドウさんが帰ってくる以前のサクヤさんは…笑ってるけど、どこか悲しそうで…見てて辛かったです。

本当の笑顔のサクヤさんの方が、ずっと綺麗です」


「もう…本当にこの子は。ミカゲが男だったら惚れてたわ」


「えっ、止してくださいよ。さすがにリンドウさんに勝てる気がしません」


「フフッ、どっちが勝つのか楽しみね」


「もう…。でも、何だかリンドウさんに全部持って行かれた気がして悔しいです」


「どういうこと?」


「サクヤさんに幸せをもたらしたのだって、そのためにサクヤさんと任務行けなくなるし…。何か悔しい…」


「可愛い嫉妬ね。私は何処にも行かないわよ。だから安心して」


「…はい」


「で、ミカゲの方はどうなの?」


「え?どうって?」


「あら、ソーマと進展無し?」


「なんでソーマが出てくるんですか?」


「これは大変そうね…」


「?この前アリサにも同じようなこと言われたんですけど、どう言うことですか?」


「フフッ、自分で気付きなさい。ソーマの為にも、ね」


「???だから何でソーマなんですか?」






*****

(ソーマ、貴方も大変ね。頑張って)

(何の話だ)

(フフフッ)

(?)