GOD EATER

赤狐@夢垢
@akakon4x_yume

噂話

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

「お前、良く帰ってこれたな」



アナグラに戻って一番最初に言われたのがコレ。



「タツミ隊長、でしたっけ…?」


「あー、タツミで良いよ。そう呼ばれるのは慣れてねぇ」



メディカルチェックが終わってアナグラの中を案内してくれたのが、このタツミさん。

第一印象は勿論良い人。



「エリックの事は、お前の所為じゃねぇよ」



エリック

挨拶された瞬間、上からオウガテイルが襲ってきて、死んだ…。



「…ごめんなさい、普通な顔して、帰ってきて。死が…まだうまく実感出来なくて」


「あー…そう言う意味で捉えたか。違う違う。良く生きて帰ってこれたな、ってこと」


「?」


「だってお前と同行してたのって…」



エントランスへ繋ぐエレベーターが開いて降りてきたのは、一緒に同行したソーマ、さん。


彼を見た瞬間、騒がしかったロビーが一気に静まった。



「…?」


「まだ噂聞いてないか」


「噂?」


「ソーマはな、死神って言われてんだ」


「死神…?」


「あいつは12歳から神機使いになって重体の傷を負っても次の日には動けるまで復活しちまう。同行した神機使いは皆死んでしまう。

だからあいつと一緒に任務を請ける奴なんて滅多に居ないんだ」


「……」



周りの沈黙を無視して自室へ戻るエレベーターのボタンを押したソーマさんを見た。



「だからお前が今日ソーマと任務だ、って聞いて、もしかしたら死んじまうんじゃないかって冷や冷やしたよ。折角の新型なのに、ソーマに殺されりゃあなぁ…」


「それって、何に対してです?」


「…何に?」



もう一度彼を見る。きっとこの空気も気付いてて、話し声なんて聞こえてるんだよね。



「人に対しての死神ですか?アラガミに対しての死神ですか?」


「ミカゲ、お前…」


「私には…、まだ一度しかあの人の背中を見てませんが…私には、いつか全てのアラガミを駆逐する死神に見えました」



もっと話さないと、何も判らない。