取り残された種族は今......

幽々歌(ユユカ)
@jdnNTonly

魔界

リアン:ねぇ、クアン何かやる事ないの?


クアン:リアン足をぶらぶらするな


何もない魔界に2人は枯れた木の上で魔界の門付近にいるのだが誰か来ないかと期待しておりもしかすると”アノ人”がくるのかもと思っていてその2人のアノ人とはセリアの事だ。





















亞聖奏真........何故人間嫌いの彼が人間界の名前をつけて過ごしているのか理解不能

とことん追求しなければこのイライラを収まらない。


クアン:待ってろセリアッ!!!!!


















ー天界 図書室ー

奏真:クシュン......誰か私の噂でもしてる?

あのチビかそれとも........まさかそんなはずは.......とりあえず能力の向上を目指さなければ


























リアン:クアン、叫びすぎ

あと煩い静かにしてよ


クアン:すまん、熱くなってしまった

リアン:まぁ、気持ちはわかるけど

セリア様を探すわよ

クアン:あぁ、わかってるさ



枯れた木の上から飛び降り支度のため

一度解散し集合場所は同じ所へ集まる様にと言いその場から去った2人







・・・・・・・・・・・・・


魔界に住む厄介な2人

リアンという女とクアンという男

種族は堕天使

奏真と同期に値するのだが2人同時に攻撃仕掛けるので隙が無い。

攻撃手段がなかなか見つからない雑魚を容赦なく潰していく

まだそれに気づいていない奏真は今後、一体どうなってしまうのか



著作者の他の作品

とある森の奥深くにある綺麗な川の近くに小さな木の小屋があり種族や人何でも...

企画用、ニコタ用とある女の子の過去編10歳バージョン