取り残された種族は今......

幽々歌(ユユカ)
@jdnNTonly

<奏真目線> 天界

昨日地上から天界へ何年ぶりだろうか何も変わっておらず昔のままだなと相変わらず遠くからヒソヒソ話もありキャーキャー言ってる女子もちらほらいてため息を吐きとりあえず神様へ向かうことにし

神様は昔私の親代わりとして育ててくれた。生まれた時に親の顔なんて見たことなくずっと天界にある図書館の中に篭りっぱなしで帰る日を楽しみにしていたが年月が経ち親はもう戻って来ないと自覚して日々努力をして今に至るわけだが












奏真:神様、今お留守ですか?

神様:なんじゃ、誰かと思えばセリア......なのか?昔と随分変わったように思えるが

奏真:あー、髪も目も変色したんでしょう

まあ昔の時の金髪碧眼には戻れませんが


今までの出来事や最近起きた事も全て話して神様に報告しセリアというのは優しく綺麗な心を持っていた時の名だ。天界は皆わたしの事をセリアと言う。

もう昔に捨てた名前だったけどここに来たらみんな覚えてくれている。少し嬉しい

全て話が終わった後


神様のところから離れて空いた家を向かう

馴染みのある私の家であり生まれた場所

天界なので全て雲で覆われており少し不安定だがよっぽどな衝撃を与えない限り丈夫

で家の中に戻ってはきたものの何かあるのかなと思って掃除をし始めたら一冊の古びたアルバムが落ちそれを拾ってテーブルの上に置きアルバムを広げて昔の写真を見ることになり実の親がどんな人だったのか興味もあった。






























アルバムを見て金髪碧眼の男女が笑顔で笑っていた。そして次のページは赤ん坊で

よく見ると金髪の髪をした男の子が写真に写って幸せそうにしているのをみて思わず涙が出てしまった。アルバムを見て触れてその中の真実を知ったのだろう

私を守る為に地上へ向かい戦いに行かれたのかとそして命を落としてしまった事に気付いて何も言葉が出なかった。







真実が分からないまま良かったのにと後悔して空き家から飛び出して図書館へ向かい一週間その建物の中へこもってしまった。

著作者の他の作品

とある森の奥深くにある綺麗な川の近くに小さな木の小屋があり種族や人何でも...

企画用、ニコタ用とある女の子の過去編10歳バージョン