ブラウニーの災難

推しが尊いゆーり
@akatuki_makaron


「只今、戻りました」

 ブラウニーは紙袋を抱え、店の裏口から入る。

 がさがさと重い紙袋の中身は、小豆だ。

 そう。ブラウニーの主である赤月のこし餡つぶ餡戦争は、まだ続いているのだ。

 赤月は、日夜こし餡の研究に勤しんだ。店を信頼する食霊たちに任せ、こし餡研究に精を出し続けていた。

 ちなみに、生産されたこし餡は何故か赤ワインが処理している。

 毎日、顔が青くなるまで食べている姿は、多くの食霊の涙を誘った。

 ブラウニーは、赤ワインは何か弱味を握られているのだと確信し、同情していた。

 助けなど、ない。

 赤月に助言しようとしたビーフステーキが、何も言えなくなるまで嫌味攻撃を受けたからだ。

 彼は尊い犠牲となり、我々に教えてくれた。

 赤月には、逆らうなと。

 唯我独尊、自尊心山の如しの主に助言など意味はない。ブラウニーも日々、痛感していることだ。

 さて、話は戻る。

 こし餡つぶ餡戦争だ。

 さすが数少ないご友人の一人。

 苦労して作り出されたこし餡だったが、食べての一言がこうだった。

「はは! やり直し!」

 あとはひとくちも食べなかったそうだ。

 帰宅した赤月からそれを聞いたブラウニーは、気が遠のきそうになったものだ。

 自信家で気位も高い主は、荒れに荒れた。

 八つ当たりこそなかったものの、笑顔で怒気を放つ彼は恐ろしかった。

 そんな経緯を経ての、小豆の買い出しだった。

 小豆を厳選せよとの命令にも、きちんと添えたと思う。

 ブラウニーは、主に忠実な食霊だ。仲間の犠牲が出ると分かってはいても、従うのだ。逆らうの怖いし。

「さて、御侍様は……」

 きょろきょろと視線をさ迷わせると、縁側の方から歌が聴こえた。

 低い声。男性のものだ。食霊の誰かが歌っているのかと思い、不思議と足が向かう。

 歌声は、優しいものだったから。

「ーー」

 旋律に導かれた先は、縁側で合っていた。

 しかし、ブラウニーは固まった。

 衝撃のあまり、息が止まる。

 縁側に見えたのは、座る赤月で。しかも、食霊のライスを膝枕していたのだ。

 よく聴けば、旋律は柔らかく子守唄だと分かる。

 そこは分かったが、状況が呑み込めない。

 あの赤月が、他人など眼中にない、唯我独尊の主が、膝枕。子守唄付き。

 あり得ない。

 ブラウニーは目眩がした。日々赤月に尽くすがゆえに、とうとう幻覚を見てしまったのだ。きっとそう。

 ブラウニーは、衝撃の光景から目を反らし、踵を返した。戻ろう、現実へと。主はきっと厨房にいるのだ。うん。

 しかし、現実の世界は残酷だ。

 重い紙袋が、ずるりと手から滑った。落ちた。音がした。歌声が止んだ。ブラウニーの時間も止まる。

 違う、幻覚が消えただけだ。

 そう言い聞かせる。

 しかし、再度言おう。現実とは残酷なのだ。

「ブラウニー?」

 声が、した。してしまった。

 主の声だ。しかも、呼ばれた。

 ブラウニーは主に忠実だ。幻聴だと思い込もうとしても、体が勝手に動く。

 振り返れば、ライスを膝枕したままの赤が深く目を細め見ている。

 幻覚じゃ、なかった。

「お、御侍様。わ、わたくし……」

 震える声で、恐怖におののく頭で言い訳を考える。

 しかし。

「見ましたね?」

「はい」

 忠実さが仇となり、素直に認めてしまうブラウニー。

 世界は、残酷だ。


 後日、赤ワインと一緒に顔を青くするブラウニーの姿があったという。

 ライスへの優しさの半分でもいいから、欲しいなとブラウニーは思った。

著作者の他の作品

フードファンタジーのブラウニーと創作御侍(男)のお話です。女の子御侍とは違...

創作御侍・赤月とブラウニーの出会いです。九年前の物語。