その目に映りたい

推しが尊いゆーり
@akatuki_makaron

 ブラウニーの主である少女は、縁側でくつろいでいた。

 そのことを思い出したブラウニーは厨房にて紅茶からもらった上質な茶葉で、お茶を用意する。

 御侍様に喜んでもらいたい、その気持ちで丁寧に淹れる。

「良い匂い」

 漂う香りに、満足げに頷いた。

 トレイに湯気の立つカップを置き、ブラウニーは厨房を後にする。


 今日も空はよく晴れている。心地よい陽の光は、御侍様の心を温めてくれるだろう。

 あの方には、太陽がよく似合う。

 ブラウニーは自然と笑みをこぼした。

 縁側に出ると、庭に咲く花の香りが鼻孔をくすぐる。

 今日もよく咲き誇ってくれている。

 御侍様の為にと、日々食霊たちが世話をしているのだ。御侍様自身も、時折水をやっているのを見かける。

 可憐な花と共にある御侍様は、それはもう……。

 そこまで考えて、ブラウニーは頭を振った。これ以上は危険な気持ちになる。自重すべきだ。

「え、えと、御侍様は……」

 誤魔化すように視線を向ければ、主は縁側に座り庭を見つめていた。

 その横顔に、ブラウニーの時間が止まる。

 御侍様は、それはもう優しく花を見ていたのだ。

 いつかの折り、花を育ててくれる食霊が愛しいのだと言っていたのを思い出す。

 御侍様は今、花を育てた食霊に思いを馳せているのだ。

 ブラウニーの胸が、ちくりと痛む。

 御侍様の心にある食霊が、妬ましく思った。

 駄目だ。

 こんな醜い感情を、仲間に向けては。

 ブラウニーは、唇を噛む。

 御侍様、声にならない呼び掛けは届くはずもなく、彼女はブラウニーに気づかない。

 御侍様、あなたの心には誰がおられるのですか?

 聞きたくとも、すくむ心が邪魔をする。

 もし、誰かの名前が出てしまったら……。

 ブラウニーは、目を伏せた。

 そして、再び視線を御侍様に向けると一歩を踏み出す。

 少しの間でも、主の目に留まりたいがゆえに。

 ブラウニーは、ただ、御侍様を見つめ歩くのだ。

著作者の他の作品

創作御侍・赤月とブラウニーの出会いです。九年前の物語。

フードファンタジーのブラウニーと創作御侍(男)のお話です。女の子御侍とは違...