秘めたるは

推しが尊いゆーり
@akatuki_makaron

自分は、食霊。

 ブラウニーは、いつも自身に言い聞かせていた。

 御侍様の為に存在し、仕えるのだと。

 朝がくる度に、何度も繰り返す。

 そして、朝日の光を浴び心を落ち着かせる。自分は、まだ大丈夫だと。

 まだ、役割を果たせるのだと。

 ブラウニーは、深呼吸をして部屋を出た。


 食霊としてのブラウニーの役目は、主に堕神との戦いである。

 店の経営には携わってはいない。

 始めこそ、御侍様の成功に貢献出来ないことに不満を持っていた。もっとお役に立ちたいと、強く願っていたのだ。

 主の為に存在したいという、純粋な気持ちで。

 それはもう、過去となった。

 今のブラウニーは、感謝している。

 戦いの場では、無心でいることができたから。

 ただ、目の前にいる敵に集中していればいい。

 おかしなことに、安堵すらしていた。

 ここにいれば、大丈夫なのだと。

 食霊としてのブラウニーでいられる場所だから。

 ブラウニーは、戦いに身を置くのだ。


 安堵。絶対的な安心に身を任せたから、だからだろうか。

 ブラウニーは油断をした。

 あれほど、言い聞かせていたのに。


 夜が明けるには、まだ早い時間。

 ブラウニーは、薄暗い厨房で座り込み、浅い息を繰り返していた。

 苦しげに、眉を寄せて。

 油断した。うかつな自分を呪いたい。

 ブラウニーは、小さく呻いた。

 彼の視線は、一点に集中している。

 反らすことは、出来ないのだ。

 視線の先には、厨房にある椅子に腰かけた小柄な少女。

 ブラウニーの主、御侍様だ。

 椅子に腰かけたまま、目を閉ざした顔にはあどけなさが残っている。

 おそらく遅くまで、料理の研究をしていたのだろう。疲れた様子で眠っていた。

「ああ……」

 ブラウニーの口から吐息がこぼれる。息は熱い。

 どうして、どうして。

 気をつけていたのに。

 何故、喉の渇きを我慢しなかったのか。

「御侍、様」

 二人きりに、なりたくなかったのに。

 ずっと、耐えてきたのに。

 目の前に、あなたはいる。

 こんなにも、近くに。

 何度も言い聞かせた。自分は、食霊だと。

 御侍様をお助けする存在なのだと。

 そうして、納得させ、押さえつけてきたのだ。

 でなければ。

 気が狂いそうだった。

 いつからかは、わからない。

 ただ、常に御侍様を見つめているようになっていた。

 目が、離せなくなった。

 見つめ過ぎだとミルフィーユにからかわれて、やっと気がついた。

 自分のなかにある気持ちに。

 そうして、すぐに奥底にしまいこんだ。

 気づかれてはいけない。

 御侍様の邪魔には、なりたくないと。

 それからブラウニーは耐えて、蓋をして、心を殺してきた。

 全ては、自分の想いから御侍様を守る為に。

 御侍様に想われたいと、浅ましい願いを持ってしまったがゆえに。

「御侍様……」

 名を呼ぶ。

 今は、他に誰もいない。

 御侍様は、自分だけの。

「く……!」

 きつく拳を握る。

 駄目だ。

 耐えるのだ。

 真に御侍様を想うのならば。

 ブラウニーの目から、静かに雫が流れる。

 夜は、まだ明けない。

著作者の他の作品

フードファンタジーのブラウニーと創作御侍(男)のお話です。女の子御侍とは違...

フードファンタジーのブラウニーと創作御侍(男)のBLじゃない話です。唯我独尊...