ひかり射す庭にて。

落下する夢

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

嫌な夢を見た。事故に遭った日の夢だ。信号無視をした自動車が突っ込んでくる。急ブレーキの甲高い音が、耳をつんざいていって──────、


「なまえ!!!」

「、っ、?」


気づけば、心配そうな顔の七緒がなまえを見下ろしていた。「うなされてたよ?嫌な夢見たんでしょ、なまえ」

枕元の時計はもう6時だった。スマホのアラーム、いつ止めたんだろう。


「うん、…ごめん、七緒」

「いいってことよ」

ゆるゆると起き上がり、なまえを見る七緒の肩口に、そっと額を埋める。

「…よしよし、なまえはいい子だなぁ」

七緒はさして驚くこともなく、もたれかかってきたなまえを優しく抱き締めて、その背中をぽんぽんたたいてあやす。なまえの耳に、七緒の心臓の音が聞こえてくる。


「今日は日曜日だから、ゆっくりしてていいんだよぉ」

「…部活は?」

「部長に電話しておいた。なまえの調子が悪いから休みますー、って」

「…七緒、ほんとうにごめん。七緒だけでも、後から部活に行きなよ」

「やだよ、俺。なまえと一緒じゃなきゃヤダ」

真剣な声だった。さみしがりや、とつぶやいたなまえの声は聞こえていたのだろうか。

「…海斗がいるじゃない」

「かっちゃんはいるけど、…なまえはいないじゃん」

「…僕が行くって、言ったら?」

「行かせない」


ぎゅう、となまえを抱き締める七緒の力が強くなる。


「なまえは、今日はお休みなんです。で、俺はその看病をするんですー」

「…ななお、くるしい」

「わ、ゴメン!」


七緒の心配がわかる。とてもよくわかる。だってなまえと七緒は双子だから。


「嫌な夢を見ただけだよ?もう起きたから大丈夫」

「うん、」

「今日は…じゃあ、七緒の好きなお菓子、作ろっか」

「やった!それじゃあ、クッキー!」

「たくさん作って、弓道部のみんなにもあげよっか」

「そうだね!そうしよう!じゃあ、材料は後で俺が買ってくるねー」


楽しそうに七緒は着替え始めた。七緒が帰ってくるまでにオーブンとクッキングシート、ボウルや泡立て器。準備もたくさんあるなあ。

なまえも楽しくなってきた。


「まずは朝ごはん!準備してくるねー!」

「七緒、」


部屋を出る七緒に思わず声をかけた。


「その、ええと、…ありがとう」

「うん!どういたしまして!」


「…それから、おはよう、七緒」

「うん、おはよう、なまえ」


嫌な夢はもう、忘れた。




「なまえも今度から『めっはー』使う?」

「…それはちょっと、遠慮しておく」

「ええー??」