ひかり射す庭にて。

しわくちゃな夢

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

なまえは弓は引けないけれど、見ることは好きだった。七緒と海斗が弓を引くところを、なまえはしっかりと記憶していた。その、二人のいつもとは違う雰囲気、張り詰めた空気、空気を切る弦音。なまえは、それらがとても好きだった。


だから。


なまえは、そんな二人の足枷にはなりたくなかった。



「如月なまえ、10月18日生まれ!」


突然、なまえがそう大声で宣言した。周りにいた部員たちが、なまえを見る。


「え、…?」


あっけにとられている彼らを尻目に、七緒もそれに続く。


「如月七緒、10月18日生まれ!ちなみに俺がお兄ちゃん!」

「妹です。僕らは双子です」

「「よろしくー」」


慣れているのか、海斗はじっと二人を見ている。女子グループのざわつきが一層大きくなっている。妹がいたの?双子?似てないよ?


「…似てないね」

「良く言われますが、男女の双子はだいたい似ませんよ?」


静弥の言葉に、なまえが静かに返答する。

その言葉に、周りがしんとなる。



「…如月、さんは、弓道は?」

「事故の後遺症で、右腕は運動とかには使えないんです。ごめんなさい」

「そう、なんだ…」


事故、という言葉に静弥の顔が少しだけ歪んだように見えた。何か、彼にも嫌なことがあったのかも、しれない。


「すみません、お騒がせしました」

「いいや、まあ、なんだ、また遊びに来てくれていいからのう」

「ありがとうございます。森岡先生」



帰り道。海斗と七緒となまえ。電車にことことと揺られている。夕日が下げたブラインドに集まり、やんわりとなまえの頬をオレンジ色に染めていた。


「ごめんね、七緒」

「…なまえは悪くないっしょ。女子が勝手に誤解したんだし」

「お前のせいじゃねえかよ、七緒」

「…僕はやっぱり、弓道部はダメかもね」

「そんなことない!また見に来てよ」

「…うん」


久しぶりに三人一緒。七緒と海斗を弓道部へ見送り、ひとりで帰っていた電車が、今日はこんなにも楽しい。


「じゃあ、…また、行くね」







その日は見学がひとり、増えていた。

いつだったか、なまえと盛大にぶつかった、名前は確か。


「みなと、くん」

「えっ、」


声に出ていた。ごめん。


「山之内くん、クラスメイトだから、よく君と竹早くんの話をしてる。…僕は如月なまえ。あそこにいる、如月七緒の双子の妹です」

「あ、…鳴宮、湊、です」


なるみやみなと。なまえは頭の中で名前を反芻する。いい名前だなあ。


「それじゃあ、鳴宮湊くん」



実際に弓を引くことになった、と言いながら、森岡先生は静弥や海斗ではなく、何故か見学だけ、と言っていた湊を指名した。指名された彼も、勿論困惑している。静弥たちが何か画策したのだろうか。弓をやっているとは聞いていたけど、それにしても湊のあの拒否の態度も気になる。


(怪我でもしたのか。それとも)




湊が弓を拒絶した理由は直ぐにわかった。構えて、定めて、射る。その動作が、湊にはできていなかった。



「早気」



自分の気持ちとは裏腹に、狙いも定まらないまま放たれた矢は、むなしく的をすり抜ける。だから湊は弓を拒絶した。




「…辛いだろうね、鳴宮くん」

「うん?」



二段ベッドの上で、七緒はスマホゲームに忙しくしていて、なまえは宿題に忙しくしていた。宿題やったの?となまえが聞けば、クラスの子に見せてもらうから大丈夫!なんて見当外れの答えが戻ってきた。



「きっと鳴宮くんは、弓が…弓道が好きなんだと思う。だからこそ早気の自分が嫌いで、弓を引くことが怖いんじゃないかな。好きなことなのにうまくいかないもどかしさ、って、よくわかるから」

「ふうん…」


「僕も、できることなら七緒と一緒に弓道部に入りたかったけど…僕には、弓は引けないから」



右腕にそっと触れる。好きなことなのにうまくいかない気持ち。湊とは少し違うかもしれないけれど、なまえにはその葛藤がなんとなく自分に似ているような気がした。



「いいんじゃないの?引けなくてもなまえはなまえ、俺の双子の妹でしょ?」

「それはそうだけど、」

「てかさ!弓道部入りたいって、思ってくれてたんだ」


ゲームは終わったのか、ベッドの上段から七緒がなまえを覗き込んでいた。


「入りたいけど、僕には何もできないよ?」

「出来ないことはないっしょ!明日、一緒に弓道部行こ!入部届、弓道部で!」

「え、ええ…!?」


何を考えているのやら。七緒はとても楽しそうだった。