【BLEACH】星に願いを。【黒崎一護】

ほたるん🎙相方ぽち。雑多垢
@tuki927819

Episode 1

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

麗らかな春。

窓の外を眺めると真新しい制服に身を包んだ新入生と思わしき人たちが嬉しそうに道を歩いている。


『姉さーん?急がなきゃ入学式遅れちゃうよ』


部屋の奥でドタバタと足音をたてながら準備をしている姉に声をかけると「今行く!」と元気よく返事が返ってきた。


姉曰く、新しい高校に通う今日を楽しみにしすぎてなかなか寝付けなかったらしい。

いつも通りの元気な姉らしい寝坊の理由に笑ってしまった。


家を出る前にもう一度忘れ物がないか確認をしようと肩にかけた鞄を机の上に下ろすと同時に玄関からノックとともに先程とは別の元気な声が聞こえた。


「織姫ー!悠希ー!迎えに来たよ!」


するとその声を聞いた姉がすぐさまドアを開けて「寝坊しちゃった〜!」とドアの向こうへ謝っている。


「寝坊の理由は後で聞くから。遅刻してちゃあんたが楽しみにしてた入学式出れないよ」


『ほら、姉さん!竜貴の言う通りだよ!!急いで急いで!』


姉と自分の鞄を持ち、玄関で突っ立っている姉の背中をグイグイと押し出しながら家を出た。



─これから新しい生活が始まる。


清々しい朝の空気を目一杯吸い込んで、力強い一歩を踏み出した。