銀色の夜空

沢田千姫
@riayamato

設定

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

沢田千姫


身長:155cm


体重:42kg


髪:栗色のストレートロング


瞳:琥珀色


誕生日:10月14日


星座:てんびん座


血液型:A型


年齢:15歳(トリップ前・トリップ後・攘夷戦争時代)→24歳(物語初期~)


使用武器:(主に)二丁拳銃・小太刀2本


属性:雪・大空




本作の主人公。復活の沢田綱吉の双子の妹。綱吉とは違い髪はツンツンヘアーではなく、ストレートヘアー。性格もツッコミ系ではなく、天然ボケ系。綱吉とは違い、大空ではなく、雪の炎の素質が見出された為、物心がつき始めた頃からボンゴレで生活をすることになった。ボスを守護する者としての教育をされてきたことにより感情の起伏が少ない。表情もあまり変わらない為、一見感情がないように見えるが、綱吉はちゃんと読み取ることが出来る。姉妹仲は悪くなく、同じ布団で寝たりするなど寧ろいい方。というか、お姉ちゃんっ子。15歳の時に、事故から綱吉を守って死ぬものの、その拍子に銀魂世界にトリップする。天人に襲われかけたところを銀時に救われ、暫くの間銀時達と共に暮らす。その後、銀時と一度は別れるものの、数年後のとある事件で再会する。それ以降は万事屋で銀時・神楽・定春と共に一緒に暮らす。


ボンゴレ時代に一通り武器の扱いは習っていたのである程度の武器は扱えるが、主に使うのは二丁拳銃だった。トリップ後は銀時達に刀の扱い方や剣術の指導をしてもらったりしていた。攘夷戦争後は銀時と同じく木刀に持ち替えている。最近では、猿飛や月詠から忍具の扱い方や体術を教えてもらっている。


雪の属性は珍しく、初代の時代にいただけでその後の世代は全く現れなかった。性質は「凍結」。炎の色は白。