表紙

illust / ナッツ小豆

絆創膏をあげる。

ナッツ小豆@2周年過ぎてた
@NutsGomusic

「君に絆創膏をあげよう。」

4年も付き合った彼氏からの裏切りに、心が傷だらけになった紫の前に現れたのは、顔も名前も知らない男。
得体のしれない男のはずなのに、その優しさに紫はほだされていくのだった―――――――――

著作者の他の作品

いつだってキミの隣は私だった。キミの事を一番理解しているのも私だと思って...

ただ君の”最期の言葉”が聞きたかった。ただ、それだけだった…。現代に住む社畜...