神に誓ってもできないこと

3

今日も朝から千代の銃声が聞こえてくる。


校門のところでフラッシュ化したヴァンプを千代が捕獲したところだった。


私も一応は警備隊の特攻班だけど、怪我して血が出たらバレるから警備に出てことが一回もない…


水菜「おっはよー!今日も千代は活躍してんのに百合ってば一回も出てないよねー!」


百合「しょーがないじゃん!」


水菜「なんで?」


あ、口が滑った!

ごまかしとこ…


百合「あ、ほらはやくしないと遅刻するよ?」


水菜「あー、またごまかしてー!もー…」


ごめんね…水菜…






雷火「……」