神に誓ってもできないこと

1

私は戸籍、見た目共にヴァンパイアだ。

しかし中身は人間である。


目は赤く

牙があり

白銀の髪で

身体能力はヴァンパイアの名家並だ


しかし

自分で血を作ることができるが

血を吸うことはできない

血を操ることもできないし

腕を硬化させることもできない


3歳まではヴァンパイアだと誰もが思っていた。

が、いつまでも血が吸えるようにならないと私をみて母が病気に連れて行き検査を受けたところ、人間であることがわかった。


国は私を実験台にしようとしたこともあった。


両親は、私の好きな方の種族で生きて行くことを望んでいる。