呼吸(全27話)

ゆき@A5158
@y01_k25

新婚旅行、だからこそ

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

『買えた』


「良かったな」


千彩が移動は車ではなく


公共交通機関を使ってみたい、と


初めて列車に乗るらしく切符の買い方を


教え、無事に買えて御満悦


ある意味、箱入り娘だからなぁ


「改札はこっちだ」


手を引いて、改札を通る


全部が初めてな千彩


…可愛い反面、心配だ


「まだ時間あるな、座って待つか」


『うん』


空いている椅子に座り、列車を待つ


『………』


普段と違う服装、珍しくパンツ


スカートばっか履いてるから


これもまた新鮮で…良い


「なぁ、何で何時もスカートなんだ?」


『動きやすいから』


「そんなもんか?」


『そんなもん』


「ふーん」


他愛ない話をしてると列車がきた


乗り込み、指定席の場所を探す


『ここ』


席を見つけ、荷物を置いて向かいに座る


落ち着かない様子で辺りを見る


カシャ


『!』


風景と千彩を一緒に撮る


『何してるの』


「何って…記念?」


こんな時くらい、ただの夫婦


何せ今は新婚旅行なんだ


「安心しろ、ちゃんと可愛く写ってる」


『そんな心配してないもん』


列車は俺たちを乗せ


目的にへ向かった











(傍から見たら)(傍から見ても)(鴛鴦夫婦)