呼吸(全27話)

ゆき@A5158
@y01_k25

全てを告げた、その先

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

『…森さんは、知ってたんですね』


「すまない、私から言えなくてね」


今まで知る余地もなかった事を


一気に知って上手くまとめられない


「今更…父親面なんかできねぇ、でもお前は」


ちゃんと、俺が望んで、生まれてきた


『………』


嬉しくも、悲しくも、悔しくも、怒りも


いろんな感情が押し寄せてきてる


行き場を失った感情をどうしようか


悩んだ私は藤村に近寄った


ドカッ


「がっ!」


一発、拳をお見舞いしておいた


「おっ…おま…鳩尾狙ったな」


私はその場を立ち去った


「…彼女も混乱しているんだろう」


「痛てぇ…まぁ、そうですよね」


「しばらく、時間をあげよう」


「アイツにはどうします?」


「中也くんかい?中也くんには千彩ちゃんが自分から話すよ、きっと」




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+




あの野郎と首領ボス、千彩が来るのを待ち数十分


中から出てきたのは千彩だけだった


「千彩!」


一目散にこっちに来たかと思ったら


「おや?」


姐さんに抱き着いていた


「中也じゃなくてええのか?」


千彩は黙って頷いた


「ここは姐さんに譲りますよ」


精一杯の意地を見せておいた


しばらくして首領ボスたちも来た


そう言えば…あの女、誰だ?











もう少し続きます