呼吸

ゆき
@y01_k25

その男、名前は(過去)

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

歩くのに慣れ始めた時


路地裏で一人、転んだ


痛くて立てない、どうしよう


「何をしている?」


『?』


見上げると知らない男がいた


その後ろには


「あれ?千彩じゃないか」


太宰がいた


「知り合いなのか?」


「ほら、私が連れてきた子だよ」


太宰は私の前にしゃがみこんだ


「転んだの?」


『うん』


「全く…まだちゃんと歩けないんだから単独行動は避けなきゃダメだよ」


『………』


ひとりになりたかった


あの日々が頭に過ぎって仕方ない


逃げるようにしていたら


路地裏にきていて、そして転んだ


「歩けないのか」


『?』


太宰といた男が口を開いたと思ったら


身体が浮いた


「え、織田作?」


「歩けないなら連れていくしかないだろ」


男に抱き上げられていた


あの時の、太宰にされた時より


高い位置に身体がある


「…いきなりお姫様抱っこするって、さすが織田作」


『織田作?』


「ああ、俺は織田作之助」


『…織田じゃないの?』


「織田作の方がいいじゃん」


「呼び方は好きにしてくれ」


織田に抱き上げられたまま


その場を後にした


藤村と森さんから怒られた


…あの織田って人、なんか


ポートマフィアっぽくないなぁ





















織田作を出したかっただけ←