お道化うた

設定

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

 

月の光のそのことを 盲目少女に教へたは

 ベートーヱ゛ンか シューバート?

       『お道化うた/中原中也』



:: 望月千景

(デフォルト:望月 千景/モチヅキ チカゲ)


:: 『公私混同以ての外』が座右の銘。

中原中也の側近として仕えており、中原の命には忠実。忠実ではあるが言いなりになっているわけではなく、「言われたことをするか否かは自分の意思であるからして、これは私が私の意思で動いているのである」という考え方に基づく。


:: 色々なものに無関心。

無頓着で無関心。執着心も基本無い。そして面倒臭がり。死ぬことは面倒だけど、生きてることも面倒で、生きる為に食べるのも面倒。

「生きて死ねればそれで佳い」と思ってる。


:: ~21歳(太宰・中原/~18歳)

158cm。背中の中ほどまで伸ばされた銀鼠色の髪に青みを帯びた黒色の瞳。幼い顔立ちと身長の所為で実年齢に見られない。

菫色の袴に藍白色の筒袖、その上に黒色の白衣を羽織っている。ブーツを着用。ハイカラさん。

腰には一振りの刀。


:: 異能者。

【わりなしとはなんぞ】

空間感応型。周囲の人間の抱く負の感情が黒く視えたり雑音として聞こえる。オンオフの切り替えは出来ないので常に能力発動状態。もう慣れた。

『王書(シャーナーメ)』より引用。

仮に死が理ならば、苦しみとは何だ。


異能力

王書(シャーナーメ)』より引用の『死がよしやことわりならば、わりなしとはなんぞ』が原型。

空間感応型。周囲の人間の抱く負の感情が黒く視えたり雑音として聞こえる。オンオフの切り替えは出来ないので常に能力発動状態。

普段は自分の周囲を自動で受信しているだけにすぎないので黒く視えたり、思考が雑音となって聞こえてくるだけだが、触れるなどすると対象がその一人に絞られる為、思考がより鮮明な音となって聞こえる。チャンネルの合っていないラジオと同じ原理。

感情もどういった感情なのかが克明に視えるようになるがあくまで感覚的に視えているだけに過ぎない。



所持刀

よく斬れる名刀と名高い童子切安綱。



メモ程度になりますので随時増えます。