ごちゃ混ぜシリーズ!!色々あるよ!

王櫻&北竜🐢🏯お疲れ様でした!
@KIZAKURA0415

1人の秘密(魔人)(笹塚)後編


〜園内〜


笹塚「おーい誰か居ないか?」ガサッ!


笹塚「誰だ!出て来い。安心しろ俺は警察だ。」シィーン


笹塚「おい。ガサッ!」「…」笹塚「!!お前!」〜そこに隠れていた者の姿をみた瞬間笹塚は全てを思い出した〜


笹塚「紗羅…」紗羅「…思い出してしまったの。」笹塚「紗羅。なんで俺は忘れてたんだお前のことを…」


紗羅「私が…そう仕向けたから…私はね…人間ではないの…貴方がシックスと戦った時死ぬ筈だっただけど私がそれを阻止した…」


〜紗羅は少し間をおき呼吸を整え意を決して話し始めた〜



紗羅「私は人間じゃない…魔神だから貴方を蘇生させるなんて容易いの。力を使い過ぎて…人間の世界を離れるしかないってなった時、私は衛士やほかの人の記憶を消し去ったわ。弥子ちゃんとネウロのは消してないけど」


笹塚「!あのネウロってやっと同じって事か…」紗羅「えぇ。だいぶ回復したから戻ってきた…貴方の前に現れる筈じゃ無かったんだけどね。なんでだろう…此処に無意識に足が向いちゃって…」


笹塚「紗羅ギューっ」紗羅「!!え、衛士!?話聞いてた?私は…魔神…」


笹塚「んなの関係ない。俺は紗羅が好きだ…嫌愛してる。だからもう何処にも行くな。」紗羅「!!!衛士…私…私も愛してるわ。」笹塚「あぁ…帰るぞ俺達の家に」


紗羅「えぇ帰りましょう。」




弥子「あっ!紗羅さん!おかえりなさい!」笛吹「おぉ紗羅さん久しぶりだな」


筑紫「m(*_ _)m」


紗羅「えぇ皆さん久しぶり。」笹塚「ボソッ紗羅何したんだ?」紗羅「え?ちょっと魔界道具使っただけですよ(´∀`*)」


笹塚「そうか…(これ以上は突っ込まないでおこう)」






fin






〜作者の反省部屋〜




終わった…何とか終わった…これ長いwww1話にしては長いな笑笑!!


そして一応終わりってなってますが番外編見たく続きモンだったり、別バージョンを描きたいと思ってます。もう一個は仕上がっててもうちょいしたら出す予定。


まぁぶっちゃけ言っちゃうと、妊娠ネタとか結婚ネタとか、色々ね。


その時は何の○○シリーズかってのを記載してきマース!配信までお待ちくだされ



6 / 6

著作者の他の作品

どうもはじめまして、こんにちはこんばんわ。作者でござる。お題に挑戦してみ...

どうも〜作者でーす!今回は銀魂の高杉(エロ杉)の短編を書きたいと思いまーす...