ごちゃ混ぜシリーズ!!色々あるよ!

王櫻&北竜🐢🏯お疲れ様でした!
@KIZAKURA0415

1人の秘密(魔人)(笹塚)後編




〜笹塚side〜


石垣「先輩〜!篚口さんが呼んでます!」


笹塚「おー今行く。」




俺はあのシックスの事件から今現在まで腑に落ちない事がある。


それは弥子ちゃんが渡してきた指輪、そして俺自身の記憶…


何かが抜けてる気がする、家族が殺された日に俺は絶望した筈…なのに立ち直れたのは何故だ。




〜帰宅〜


笹塚「ただいま…って誰も…」『おかえりなさい衛士』笹塚「!!なんだこの記憶…誰だ…」〜笹塚は落ち着く為に水を飲もうとし、棚に向かった〜


『衛士コーヒー飲む?』『衛士!このマグカップ可愛いわね!えっ…お揃いで買っていいの?ありがとう!』


笹塚「!…名前…顔が思い出せねぇ…なのに何でこんなに胸が張り裂けそうなんだ」




〜数日後〜


石垣「先輩〜下の課の女の子が用事あるって言ってたっすよ〜」笹塚「お〜」


筑紫「笹塚さんまさか…」笛吹「なに!告白か!」石垣「そうみたいっすね💧」




女「笹塚さん!あの…ずっと前から好きでした!付き合って下さい!」


笹塚「…」『あら衛士はモテモテね。また告白されたんだって?』[まぁな。断ったけどな。俺には__だけだから]


笹塚「!!悪ぃ、気持ちは嬉しいけど…」


女「!!そ、そうですか…ありがとうございましたm(*_ _)m!」




石垣「あれ〜?先輩またですか?」


笹塚「…」笛吹「お前も腰を据えたらどうだ?」笹塚「誰とだよ」筑紫「えっ…えーとあれ?誰でしたっけ?」


石垣「先輩とめっちゃ仲良かった…あの…あれ?」笛吹「いた事は何となく覚えてるんだが…名前と顔が思い出せん!」


笹塚「…はぁ」石垣「あっ!先輩!出動です!」笹塚「分かった」





4 / 6

著作者の他の作品

こんにちは、初めまして〜。どうも作者です💧結構掛け持ちしてるのに又々作品を...

どうも〜作者でーす!今回は銀魂の高杉(エロ杉)の短編を書きたいと思いまーす...