ごちゃ混ぜシリーズ!!色々あるよ!

王櫻&北竜🐢🏯お疲れ様でした!
@KIZAKURA0415

1人の秘密(魔人)(笹塚)後編



紗羅「私達は一年近く日本を離れて殺しの腕を磨いた。その時から分かってた筈、衛士が例え自分が死んでもアイツを殺すって…なのに…今その現状になってるとね…生かしたいって思ったの。」


弥子「紗羅さん…」ネウロ「人間に堕ちたのか。」紗羅「いいえ…私は元々人間に近い思考を持ってた。だから瘴気が薄くても平気…ただ力を使い過ぎるとダメだけどね。」


紗羅「さて、喋り過ぎたわね。治療するわ…魔界777ツ道具!悪魔の息吹(デビルブレス!)」笹塚「うぅ…すぅすぅ」


紗羅「…弥子ちゃんを呼んだのはもう1つあるの。私は力を使った事によってこの世界に止まれなくなってきた。だからこの指輪、貴女に託します」


弥子「えっ!!」紗羅「私が持って行っても魔界の瘴気でなくなってしまう。だったら処分方法は弥子ちゃんに託したいの。」


弥子「でも!笹塚さん目を覚ましたら!居ないの心配しますよ!」


ネウロ「皆の記憶を消すんだろう」


弥子「!」紗羅「えぇ。弥子ちゃんとネウロのは消さないけど…衛士とか他の人のは全て消します。出会った事も無かった事にして…」


弥子「そんな!」紗羅「私は…」ボロッ!


弥子「!!紗羅さん!体…」


紗羅「早いな…もうガタがきた。心配しないでただ魔界に帰るだけだから。衛士には私の事は言わないでね…さよなら名探偵の弥子ちゃん…」サラサラ〜〜




〜紗羅は消えた嫌、魔界に帰って行った〜




〜その後…笹塚は目を覚まし、医者からは奇跡だと言われた〜








2 / 6

著作者の他の作品

どうも作者です!この物語は文ストの芥川龍之介との恋愛(?)の少し手前の話に...

どうも〜作者でーす!今回は銀魂の高杉(エロ杉)の短編を書きたいと思いまーす...