ごちゃ混ぜシリーズ!!色々あるよ!

王櫻&北竜 次コス未定
@KIZAKURA0415

とある逢引の日(文スト)『記念』


水仙「中也!ちょっと待ってよ!」

中也「…」〜中也は私の話を聞かずに手を握ったままずっと歩ってる〜

中也「手前…なんで太宰なんかと一緒に居たんだよ!」水仙「ビクッ!たまたま歩いてたら太宰がいて…それで事情話したら着いてきてくれるっていうから…つい💧」


ダンッ!!

中也は私を壁に追いやり壁ドンした


中也「手前は…誰彼構わず着いてくのかよ…!」水仙「!!そんな事ない!私が好きなのは…中也だけよ!それに太宰だったら安心だから。私が嫌がる事はしないもの!」中也「チッ!グイッ!チュッ!」

水仙「チュッ!んっ!」中也「ちゅくちゅ…ヌルッ!プハッ!はぁはぁ…」

水仙「はぁはぁ…中也…」〜凄く長いディープキスをされた〜

中也「今日の事は悪かった突然ドタキャンしちまって…だけどあのくそ太宰とは行くな」水仙「うん。わかったごめんね」

中也「ギュー!」水仙「!ふふっギュー」

中也「飯は食ったか?」水仙「食べたけどお腹空いたわ。」中也「なら食いに行こうぜ…」水仙「えぇ(*^^*)」




中也に嫉妬されて怒られ遅い逢引(デート)になったけど、、たまにはこういう逢引(デート)もいいわね…(´∀`)中也の嫉妬した姿見られるし。





作者の部屋?

いやぁーホントすいません遅くなって(´・ω・`;)しかもオリジナルの方まだ全然書けてない💧

でも今回の作品は中也と水仙のある逢引(デート)の日常を描きたかったので書きました(*^^*)これからもこんな妄想炸裂な作品を読んでくださる読者の方々よろしくお願いしますm(*_ _)m!


4 / 4

著作者の他の作品

どうもはじめまして、こんにちはこんばんわ。作者でござる。お題に挑戦してみ...

こんにちは、初めまして〜。どうも作者です💧結構掛け持ちしてるのに又々作品を...