ごちゃ混ぜシリーズ!!色々あるよ!

王櫻&北竜🐢🏯お疲れ様でした!
@KIZAKURA0415

とある逢引の日(文スト)『記念』



はぁ、、街へ出てきたのはいいけど一人で来ても楽しくないわね。やっぱり中也が居なきゃ楽しくない…


?「おや?水仙じゃないか?!」

?「水仙さん!」

水仙「!その声は太宰!それに敦くん!」太宰「奇遇だね。どうしたんだい?」

水仙「ん?あー中也がお仕事入っちゃってさ逢引(デート)出来なくて💧だから気晴らしに散歩してるの」太宰「そうなのか…(´~`)!」敦「(絶対良くないこと考えてる!)」太宰「それならば!私と逢引(デート)しないかい?」


水仙「えっ?」


太宰「手を繋ぐとか接吻はしないただの買い物に付き合う逢引(デート)だよ。それならいいだろ?」水仙「うーん…(中也お仕事だから居ないし…)いいわ!」

太宰「ふふっ!という事で敦くん!」

敦「はい!」太宰「今から逢引(デート)なので君は帰りたまえ!」

敦「はい?!で、でも危ないですよ!いくら水仙さんでも!太宰さんはいつ狼になりかねないんですから!」

水仙「あら?大丈夫よ、中也と太宰がコンビ結成してた時私バックアップとして居たんだからホントはトリオなのよ?だから太宰の事は知ってるわ(*^^*)」

敦「そうなのですか💧ならいいのですが…水仙さん!何かあったら電話掛けてくださいね!」水仙「えぇ(´∀`)」


敦くんが帰ったあと

太宰「では行こうか水仙。」水仙「えぇ今日は太宰がエスコートしてくれるんでしょ?」太宰「わかったよさぁ私の腕に捕まって?」

水仙「あら?手はなしじゃなかった?」太宰「手を繋ぐ訳じゃないからセーフだろ?」水仙「そう?ならいいわよキュッ」太宰の腕に水仙は自分の腕を絡ませた


太宰「ここだよ。」水仙「わぁ、太宰はベタね?デパートなんて。」

太宰「でも水仙は好きだろ?デパートにくるの。」水仙「えぇよく知ってるわね」

太宰「水仙が私の事を知ってる様に私もまた水仙のことを知ってるのだよ。」

水仙「あらスケベねふふっ」太宰「ははっ💧じゃあ行こうか」

〜太宰と一緒にデパート内を色々見て回ってある程度時間が経った時〜

水仙「ぐぅー。あら、お腹空いたわ。」

太宰「そういう頃だとおもったよ。何か食べようか」水仙「そうね。何食べさせてくれるの?」太宰「夕方だから飲みながら食べないか?」水仙「そうね、お酒どの位飲んでいいのかしら?」太宰「(*^^*)好きな量までさ」水仙「ふふっありがとう。」





2 / 4

著作者の他の作品

どうもはじめまして、こんにちはこんばんわ。作者でござる。お題に挑戦してみ...

どうも作者です!この物語は文ストの芥川龍之介との恋愛(?)の少し手前の話に...