余命

mano((。´・ω・)。
@mano1_9_4253

4.訪問

この小説は夢小説 (名前変換ができる小説) です。
キャラベルに登録してログインすると、登場人物の名前をお好きな名前に変更できます。

『...病室訪問ですか...どのような目的で?』

「俺たちのことをs」

「患者さんに元気を分けたいんです!」

「...おい」

なんかそらるさんが言ってるけど気にしない気にしない()

『それならば個室を訪問するのではなく、待合室でされる方が良いと思われますが。』

「いえ、待合室でうるさくしてしまったら迷惑ですし、こちらとしても、個室の方が緊張しないで済むので...どうか、お願いします!」

『...わかりました。院長に相談してみます。結果がわかり次第、連絡させていただきます。』

「いいんですか!?ありがとうございます!」

『では、失礼します。』

ガチャッ

「...ふう」

「おい。」

...やばい。殺気を感じる。というか、よく考えたらそらるさんの了承取ってない気がする。

「はい。なんでしょうか。」

「お前さぁ、何勝手に決めてんの?」

やばいこれ超怒ってるどうしよう殺されるどうしようどうしy

「おい聞いてんの?」

「はいすいませんでしたぁぁぁ!」

「うるさ。ったく、しょうがねぇな...準備するぞ。」

ですよねもう激おこぷんぷん丸ですよねそうに決まっ...

「え?」

「あ?なんだよ。」

「...いいんですか?」

「いいもなにも、勝手に電話したのお前だろ。もしOKが貰えた時のために準備しとくぞ。」

「...そ゛、そ゛ら゛る゛さ゛ぁ゛ぁ゛ん゛!」

「なんだようるせぇな!早く準備するぞ!」

やったぁぁ〜!